コロナの頃は急がない手術はできない

新型コロナの影響で、世の中は自粛ムードです。

不要不急な外出は控えるように言われています。

でも、通院って普及かもしれないけれど、不要ではありません。

検査通院はどうするかな。

スポンサーリンク

コロナの頃の通院

コロナの頃も通院は必要です。

スーパーは、一瞬カップ麺などがなくなりました。

コロナの頃の検査

 

でも、翌日には普段通り。

生鮮食料品なども豊富にありました。

スーパーとコロナ

スポンサーリンク

 

舌癌の方は、エコー検査の回でした。

病院には人がほとんどいない。

患者はもちろん、医者も少なかった。

 

それもそのはず。

病院の入り口には以下のような物が貼ってありました。

コロナ

 

熱がある時点で病院に来たらダメなのです。

 

エコー検査の日だったので、検査に行きました。

結果は問題なかったです。

 

ただ、口の中の肉腫を切りたいと思ったのですが、手術はできないと言われました。

緊急性のある手術しか受けていないのだそうです。

コロナで休みが多くなったので、今のうちに手術を受けようと思っていたのです。

 

いつか手術を受けるのならば、今がチャンスだと。

でもそれは叶いませんでした。

 

まあ、お医者さんも人間です。

安全で、健康に働いてほしいと思います。

 

緊急事態宣言が解除されてから手術を受けたいと思います。

スポンサーリンク こちらの記事も読んで頂いています