コロナ時代の入院生活は色々違う

2020年8月コロナの頃に入院しようとしたら、通常とは色々違います。

まずは病院入口で体温を計られます。

それ以外にもいろいろありました。

スポンサーリンク

コロナの頃の入院の変わったところ

病院に入るときに体温を計られて、37度以上だと入れない。

病院入口では、アルコールで消毒する。

 

お見舞いは、基本NG。

どうしてもお見舞いが必要な時は、2名までで10分以内を目安。

洗濯物などは、看護師に渡して看護師経由で家族に渡す。

 

入院前にPCR検査が必要。

PCR検査受けました。

ニュースとかでは聞くけど、あんまり受けた人の話は聞きません。

こんな容器に唾液を入れるだけでした。

PCR検査の容器

咥えて唾液を出すと思ったら、そうではなく、口から絞り出した唾液をこの容器内に垂らすという・・・

2㏄~3㏄くらい必要らしかった。

 

あわあわになりながら出しましたよ。

唾液。

 

唾液の入った容器にバーコードを貼って、緩衝材でぐるぐる巻きにして、ジップロックっぽい袋に入れ、口をしめてました。

どこかに送ったら、翌日の夕方には結果が出ていました。

 

相当な量の唾液が持ち込まれるのだと思います。

翌日に結果を出すなんて、検査機関って今大変なんだろうなぁと感じました。

 

談話室の本は撤去。

談話室の本棚

スポンサーリンク

ここには、誰も読まないような小説や、誰かが読むであろう北斗の拳の全巻が置いてあったりしました。

テニスの王子様もあったなぁ。

 

何巻か買忘れたけど、1冊だけなくて古本屋で買ってきたことがありました。

こっそり寄贈していたのですが・・・

 

入院生活の食事

入院の初日は、PCR検査もあって、いつもより早めに入院することになりました。

入院初日の昼食はこれ。

入院初日の昼食

 

うどんあるし、揚げ物あるし、豪華。

ボリュームもあるし、不満はなさそう。

 

ちなみに、夕飯は少しボリューム抑え目。

入院1日目夕食

メインは玉子焼き?

 

入院初日は、入院の手続きや、医者からの治療の方針の話がありました。

インフォームドコンセントってやつですね。

2日目~4日目は大変です。

何もすることがない!

 

今までだったら、外出届を出して家に帰ったりできたけど、コロナの頃なので、外出許可はでません。

家にも帰れない。

することがない。

かなり厳しい。

 

ネット環境はないので、持ち込み。

そして、建物に邪魔されているからか、電波の入りが悪い。

結構厳しいな(汗)

 

スポンサーリンク こちらの記事も読んで頂いています