入院に必要なイヤホンを買いにダイソーに行って気付いたこと

5度目の入院が決まり必要なものをそろえに行きます。

その中で「イヤホン」があります。

ダイソーに買いに行って気付いたことがあります。

スポンサーリンク

なぜ入院にイヤホンがいるのか

入院になぜイヤホンが必要なのか。

パジャマとはすぐにわかりそうです。

 

あ、イヤホンって、あのイヤホンですよ。

 

 

こんな普通のやつ。

 

ただ、高いじゃないですか。

音がいいのかもしれませんが、3万円とかするのもある。

そんなの必要じゃないんです。

 

入院が終わったら要らなくなるんだから。

 

そこでダイソーに買いに行ったわけです。

 

1人部屋以外はテレビを見るとき、イヤホンを使わないといけないそうです。

スポンサーリンク

6人部屋

たしかに、6人部屋とかでうるさい人っていますよね。

他人と同じ部屋にいるわけです。

何にもなくてもストレスです。

 

そんな中、テレビの音が1日中うるさい人は殺意を抱かれても仕方がありませんね(?)

そこで、イヤホンが必要なのです。

 

ダイソーのラインナップに不満

100円のイヤホンで十分なのです。

ダイソーに行ってみました。

イヤホンが入院に必要

 

耳の部分はどうでもいい(こだわらない)

 

コードの長さが、75cm→テレビからベッドで寝転がって使うには短い。

病室

1m→まだ短い。

 

その次の長さが、5mって!

5mあったら十分だろけど、長すぎない!?

3mくらいがほしかった。

 

まあ、テレビを見るかどうかは分からないけれど。

abemaテレビとかで良いんじゃないかなぁ。

 

とりあえず、無いと後で買うことができないので、5mのを買いました。

コロナの頃の入院は、お見舞いも出来ないのだそうです。

着替えなども看護師さんに渡して、看護師さん経由で受け取ることになるそうな。

 

病院内に売店はあるのだけれど、品ぞろえは最小限。

病院の売店

何かいる物を思い出して、先回りして買っとかないと・・・

 

スポンサーリンク こちらの記事も読んで頂いています