舌癌の入院時に処方される薬は何%くらいが舌癌のためなのか

さあ、薬祭りです。

日々薬がたくさん処方されています。

以前の入院でもこんなにあったかなぁ。

紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

入院中処方されている薬

入院中処方されている薬です。

処方されている薬

①プロペト

小鼻が手術中のチューブ固定用のテープ負けがあって、それの保護用。

 

②オルテクサー

これは事前に処方されていたものです。

一昔前までの「ケナログ」です。

口の中の傷用なのですが、いまのところぬることができません。

スポンサーリンク

右奥歯のところの歯茎が荒れていたので、持ってきたけれど、現状そこまで指が届かない。

来週、月曜日以降抜糸が終わったら再開しようかな。

 

③20%カロナール細粒

痛み止めです。

食後に飲んでます。

段々効かなくなってきたような・・・

 

④リンデリン₋V軟膏0.12%

植皮したところを縫った跡周辺にテープを貼っていたら、そのテープ負けの対処用。

 

⑤フロリーゲル経口用2%

カンジダ対策らしいです。

カンジダって舌の上の白いカビみたいなものらしい。

 

⑥アレグラ

アレルギー対策らしい。

痒いのの対策らしい。

 

⑦ビオフェルミン

ビオフェルミンの細粒みたい。

日々、液しか飲まないので、便がゆるくならないようにらしい。

 

何%が舌癌に効くのか

もう7種類の説明を書いているだけでもう疲れたけれど、この中でどれが舌癌に効くのか考えてみると・・・

 

ない!

ゼロ%!

 

何か肌が荒れているの対策が多いかな。

痛み止めは、舌癌には直接効いている訳じゃないけど、舌癌の手術の痛みだからなぁ。

 

スポンサーリンク こちらの記事も読んで頂いています