舌癌手術の入院生活で次の地獄がやってきた

舌癌手術で入院中です。

色々地獄があります。

いくつか乗り越えてきたというか、真っ最中なのですが、新しい地獄がやってきましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

舌癌手術の地獄とは

舌癌手術の地獄はいくつかあります。

最初はね、全身麻酔が怖い

「冷たいのが入りますね~」なんて言われて、薬を入れられるのですが、その後数秒で意識が無くなります。

そして、次に意識が戻ったら手術は終わっているので口が痛い。

それを過去の経験で知っているので、怖い。

 

 

口が閉じられない

口の中の手術を受けるのですが、ガーゼを丸めたものを舌に縫い付けます。

舌は腫れてるし、ガーゼ入ってるし、口が閉じないくらいいっぱいいっぱい。

 

自分のつばも飲み込めないほどに。

これって結構大変。

ためにしに、口を開けたままで5分いてみて。

よだれ出てくるよね?

 

あれを飲みこまずに(飲みこめずに)、口を閉じられない状態が24時間。

起きている時だけじゃなくて、寝ている時もだから。

 

そして、それは数日続きます。

寝ているときは特に大変。

無意識だし。

そもそも寝られないし。

 

流動食がおいしくない

流動食がおいしくないのは毎日呪いの様に投稿していますよね。

手術後4日目の朝食

これね。

 

そして、新しく出てきた地獄

口の中が臭い

先にお知らせした、「ガーゼ」は口の中に常に入っています。

スポンサーリンク

食事のたびに、流動食に触れます。

 

歯は磨くのだけれど、ガーゼはガチガチに固定されているので、絞ったりできません。

段々、日に日に、臭いが出てきます。

 

1日目、2日目、3一目、・・・今日は5日目ですが、もうね、臭い!

口の中が臭いって、そして、自分がそれを認識している。

地獄です。

 

写真も載せたいところなのですが、舌の上に少し茶色くなったガーゼが糸で縛られまくっている画像は、google先生的にNGなのです。

「衝撃的すぎる画像」になってしまうはず。

モザイクかけてもダメっぽい。

 

今日はねぇ。

5度目の入院にして新しい地獄を見た。

実は昨日、夜中、心霊動画を見まくっていた。

グレイの肌をした霊の動画をいくつも見て、自分がいるのが病院なので、見えないだけですごく霊がいるんじゃないかと思い始めてました。

 

隣の部屋の寝たきりのおじいさんがいるんだけど、さっきからずっと「おーい、おーい」って呼んでる。

ナースステーションは少し離れているので、寝たきりのおじいさんの声が届くことはない。

当然誰も来ない

もうね、10分以上誰か呼んでるんだけど、誰も来ない。

患者は勝手に何かしてあげることはできないし。

 

あんなにずっと「おーい、おーい」って言ってるのに誰も動かない。

そしたら、もしかしたら、誰にも聞こえていないんじゃないかと思えてくる。

 

あのおじいさん、他の人にも見えてるよね?

声聞こえてるよね?

 

15分経っても誰も動かないし、誰も来ないので、おじいさんのベッドのところにって、ナースコールを手渡した。

なんか、紐で引張ったらナースコールが鳴るようになっているみたいだけど、分かってないみたい。

 

代わりにボタンを押してあげるのもまずいので、ナースコールを渡して、ボタンを押すことをジェスチャーで伝えた。

だって、こっちだってしゃべれないんだから。

とりあえず、おじいさんは実在する存在みたい。

ナースコールはなったのかどうか分からないけれど、誰か行ったみたいだったし。

 

自分が寝たきりになったことを考えたら恐ろしいな。

おしっこやうんちをしても、誰かに頼まないと処理もできない状態・・・

今のところ、自分はしゃべれないだけで、とりあえず好きに動けるのでまだ良い方なのかも。

スポンサーリンク こちらの記事も読んで頂いています