食事メニューをみたら舌癌で入院したなぁと感じる

5度目の舌癌手術のために入院中ですが、それなりに大変です。

入院生活が退屈が一番の敵なんて言いますが、今やアマゾン動画もあります。

abemaテレビもあります。

退屈する人は、日頃から退屈しているはず。

一番の敵は「食事」です。

スポンサーリンク

病院の食事はおいしくない

誤解がないようにお知らせしておくと、舌癌で手術後のご飯は「流動食」が一般的みたいです。

それも、鼻からチューブを入れておいて、胃まで流し込む感じの・・・

病室からの景色

私の場合は、これがダメでした。

鼻チューブが苦しくて・・・

 

それで毎回流動食を直接飲むという食事方法になっているのです。

これが、やっぱりつらい。

何より、おいしくない。

 

8月31日に手術を受けたのだけれど、この日は朝から絶食。

朝9時くらいに手術がスタートして、回復室に移されたのが15時30分くらい。

6時間半の手術だったみたいです。

 

その後2時間回復室にいます。

退屈。

起きてもダメ。

手術後なので、口の中は痛い。

 

時計がないので、血圧計に付いている時計で時間の経過を知ることになります。

1分が長い!

その後、歩いて自分の病室に戻されます。

 

表現するなら「虫の息」の状態なので、おとなしくベッドの上で寝て過ごします。

夕ご飯は18時からなのですが、食事はなし。

あっても食べられない感じ・・・

 

手術翌日からの食事

翌日は朝食から出ます。

その問題の「流動食」が。

スポンサーリンク

流動食1日目

 

写真を見ても「汁」しかないように見えると思うので、メニューがあります。

病院食メニュー

味噌汁で具を完全に粉砕したもの

くず煮を完全に粉砕したもの

コーンスープ

 

こんな感じ。

 

主食となるお粥は完全に液。

全粥

つぶつぶは全く存在しません。

一昔前ならば、お母さんがお父さんのカッターシャツのアイロンの時に糊付けに使うあれです。

 

3食こんなメニューなので、すぐに飽きてしまうのです。

実は、次のステップの地獄があります。

それは、また次回お知らせします。

 

スポンサーリンク こちらの記事も読んで頂いています