また舌癌関係で手術を受けることになりそうです

2019年10月3日いつものように、術後検査に行きました。

この日の検査はCTでした。

その後に、大変な提案が・・・

スポンサーリンク

術後検査

術後検査と言うのは、舌癌の手術を受けたと、退院しました。

これが、2019年7月頭のことです。

その後は、ほぼほぼ2週間に1度のペースで「検査」があるのです。

エコー検査

これは「エコー検査」用の器材です。

 

大きい検査

月に1度受けるのが、CT検査、エコー検査、MRI検査です。

こいつらは、40分~1時間くらい時間がかかるし、費用も2000円~1万円くらいする検査です。

「大きい検査」と呼んでいます。

舌癌の検査MRI

スポンサーリンク

それとは別に「小さな検査」とは呼んでいませんが、いつも受ける検査があります。

それが、「触診」です。

先生2人~3人が寄ってたかって、口の中に指を入れて、覗き込んでくる検査です。

これはすぐに終わるし、痛くありません。

 

検査の痛いこと

触診は痛くないのですが、まだ手術の時の糸が残っているらしいのです。

自分ではもう確認できないくらい奥の方にあるのですが、3本くらい残っているそうです。

 

先生には見えてる。

だから、「抜けないかな~」と引っ張ってみてしまうみたいで、これが痛い!

一度やると1週間くらい、痛いのを引きずります。

 

治ったかな~と思って、1週間くらい経ったら次の検査・・・と言う感じなのです。

この糸はいつか溶けるみたいです。

もう引っ張らないようにしてもらえば、いつかなくなるでしょう。

そんなに問題ではありません。

 

2枚舌?

舌を縫った時の糸は、舌の皮膚にも刺激を与えるみたいで、刺激されたところが盛り上がります。

現在、舌の裏側に1cmくらいの第2の舌みたいなのが出来てます。

 

結構生々しいので、画像は控えます・・・

撮るのは簡単なのですが、Google先生が「刺激的なコンテンツ」と言う烙印を押すことがありますので・・・

 

これを成形するために、1年くらいしたらまた手術をする(受ける)ことになるかもしれないのです。

うーん、来年の6月いっぱいくらいは2週間ごとに検査に行くのも面倒だし、ちょいちょい小さな手術がありそうです。

やっぱり癌って軽視できないですね。

 

スポンサーリンク こちらの記事も読んで頂いています