今年も何だかんだあったけれど元気でした!来年はまた手術かな

2020年1月16日

2019年12月にまた検査に行きました。

特例(?)として、2週間に1度の検査⇒1か月に1度の検査に切り替えてくれました。

現状をお知らせしたいと思います。

スポンサーリンク

2019年の総括

今年は、4度目の舌癌手術を受けました。

ただ、場所的に舌から口の中(口底)に移動したので、名称が舌癌⇒口腔がんとなりました。

病室

去年、1年くらい手術を受けずに伸ばし伸ばししたせいか、舌の裏側では癌が少し進んだみたいです。

これまでは、手術を受けた時でもステージ0と癌でも初期の初期でした。

 

今回はステージ1といよいよ癌らしくなってきた感じです。

舌の裏側も皮1枚剥ぐような手術から、舌の裏側の肉の部分も少し取るような手術を受けたことが従来よりも変わった点と言えます。

 

手術を受けたのが2019年7月。

舌の縫い付けの具合で舌が動きにくくなりました。

自分としては軽い言語障害があると思うのですが、周囲の人はあまり気にならないみたいです。

 

2019年12月の検査

2019年12月の今年最後の検査は、エコー検査でした。

結果は、特に問題なし。

 

前回受けたMRI検査の結果も教えてもらいました。

特に転移や進展はないみたいで、現状私は癌ではない状態を維持しているみたいです。

スポンサーリンク

この状態が続けば良いのですが・・・

 

エコー検査を受けても1,730円くらいで費用はそんなに高くないです。

舌癌の検査の費用

MRIの時は、1万円くらい行くので費用負担が割でかいです。

 

来年の予定

具体的にいつと言うのはないのだけれど、再度手術を受けることになるでしょう。

まずは、舌が動かしにくい。

これは、皮膚の部分が短くて舌が十分動かせない状態だから。

 

舌の再建手術と、再発していないかの確認検査的な意味があります。

また会社を休むことになりそうですが、受けないといけないでしょうねぇ。

 

最近ガッカリしたこと

最近ガッカリしたことと言えば、好きな漫画がありました。

霊能者物の漫画で、入院中もkindleで読みました。

 

新しいのが出ていたのですが、なんとなくこれまで読まなかった。

プライムで無料になっていたので、読んでみたら・・・

 

霊能者だと言う主人公は実在の人物らしいのですが、乳がんで無くなっていました・・・

発見自体ステージ3だったみたいだけど、霊能力ではどうにもならないのですねぇ。

 

何となく戦友を失ったような気がしてしまっています。

自分は亡くなった人の分まで生きようと思いました。(勝手に)

スポンサーリンク こちらの記事も読んで頂いています