【舌癌手術4回目:入院6日目】ついに何も食べられなくなりました

舌癌の手術で入院しています。

入院から6日目です。

手術から5日経過しました。

2019年6月10日(日)ついに何も受け付けなくなりました。

スポンサーリンク

舌癌で入院中の食事事情

舌癌って舌に出来る癌です。

手術で切り取るとしたら、当然舌です。

私の場合は、舌だけではなく、舌の付け根と言ったらいいのかな、口底(こうてい)ってとこにも癌があります。

 

皮を切り取るのですが、その部分の皮が無くなるので、人工皮膚を貼ったり、自分の皮膚を貼ったりします。

範囲が狭いときは人工皮膚みたいです。

私の場合は、5センチ×3センチくらい切っているので、人工皮膚だと足りないらしいです。

自分のおなかの皮を切って、舌に貼る手術を受けました。

 

舌の手術と、お腹の皮を取る手術を同時に受けることになります。

 

舌に貼った皮膚は簡単にくっつくわけがありません。

そこで、舌に縫い付けた上で、ガーゼを入れた風船を皮膚の部分に当てて、舌や歯茎に縫い付けるみたいです。

(グロくて詳しく口の中を見れていませんが・・・)

 

これが痛い。

ずっと頭痛がしています。

右のこめかみのあたりがずっと痛いです。

 

口の中は痛いのは痛いけれど、「だるい」と言う感じの痛さ。

食事は飲みこむとき喉を通るのですが、手術中に管を2本とか喉に通しているので(呼吸用)、喉に傷が付いている。

これが治るまで、飲みこむのが本当に痛い。

 

液状のものでも飲みこむとき、膝のあたりを叩きながら、痛みを分散して気を紛らわせて食べる必要があるのです。

 

正直食べたくない。

痛いから。

でも、食べないと治りません。

そこで、普通は鼻から胃まで管が残っていて、チューブで流動食を流し込むようにして栄養を取ります。

 

ところが、私の場合、鼻が弱い。

チューブを入れるという事は、入れる時に傷が入っているのです。

「にゅるん」と優しく入ったりはしないのです。

鼻の穴の中に、チューブが入っていて、鼻の穴とチューブの間は鼻血。

これは本当につらい。

「片鼻だけじゃん」と思うかもしれませんが、手術中は両鼻チューブが入っていました。

両鼻とも鼻血です。

 

すぐに鼻の穴が詰まって、鼻呼吸ができなくなります。

口は手術して舌が腫れている状態。

最初のうちは、自分のつばも飲み込めないので、息ができないこともよくあります。

 

鼻で呼吸ができなくて、口でも呼吸ができない・・・人間は皮膚呼吸などしていませんので、すぐに窒息してしまいます。

何よりくるしい!

 

鼻が弱いから、私の場合はチューブを外して、流動食を口から食べている、という訳です。

そして、その食事がこれです。

舌癌中の食事

ちなみに、朝食です。

 

昼食はこんな。

病院食

色違いの液ばかりですが、それぞれメニューが違うのです。

スポンサーリンク

これはポタージュスープみたいです。

病院食

 

これは多分ムース

病院食

 

色からして、これが味噌煮?

具は何かあったのでしょうが、間然粉砕されていて味からは分かりません。

味噌煮

 

・・・という事は、これがささみのたまごとじか。

舌癌の病院食

ささみも間然粉砕されていて、形はありません。

 

食事は生活するうえで楽しみの一つですが、味と言うか、風味と言うか、全然美味しくない!

全然入ってこなくなってきました。

 

頑張って食べていた(飲んでいた?)のですが、数日経過してもう駄目です。

ご飯(おかゆ)が全く入りません。

ふりかけ作戦も試みましたが、もう駄目です。

舌癌とふりかけ

 

人は無人島で食べるものが無くなったら、何でも食べると思いがちですが、どんなにお腹が減っても食べられないものは食べられません。

お腹は空いているけれど、食べられない。

食べたら痛い、というある意味地獄がスタートしてしまいました。

 

毎食、ご飯何割、おかず何割、食べたというのが記録で残されます。

食べている量が少ないと、点滴など対策を取られてしまいます。

針がまた痛いんだ。

 

少しでも食べたと見せかけて、売店で何か軟らかいものを買って食べることにしたいと思います。

ただ、日曜日は売店も休みなんですよね~。

スポンサーリンク こちらの記事も読んで頂いています