明日会社に舌癌のことを言います。

舌癌の再発が確実になった私ですが、まだ会社には伝えていません。

明日、伝えることになっています。

どんなことを話すつもりか、事前にしたことなどをお知らせします。

万が一、あなたが私と同じ環境になった場合のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク






こちらの記事も読んで頂いています


現状の確認

このブログでもお知らせしましたが、先日舌の調子が悪いと思ったので、定期検査の時に癌があることが分かっています。

生体検査と言う舌の一部を切って検査するものを受けました。

切った組織

生体検査で切った舌の組織

 

ここで癌があると言うことは確定しています。

上の画像の突起部分に癌があったらしいです。

ちなみに、写真の細胞は長手方法で約10mmです。

 

癌の場合は20mmくらい切る必要があるそうです。

不可さも癌の場合は5mmくらい切る必要があったのです。

 

手術の方法

切るプランは2つありましたが、プランAの全域切る手術になるでしょう

スポンサーリンク



 

現在の進行度は分かりません。

癌がある事だけは分かっています。

ただ、十分な量とは言えないけれどすでに検査のために切っています。

大丈夫かな、と言う希望的観測もありました。

 

 

スポンサーリンク






こちらの記事も読んで頂いています


現実的な状態

現実としては再発です。

舌の側面が痛いです。

日常的に痛い訳ではなく、醤油やドレッシングが染みる状態です。

これは小さな傷があって、傷と傷の部分の細胞が正常ではないのでくっつかないことが原因と思われます。

(過去に経験あり)

舌癌の発見チャンス寿司

この状態で2週間、3週間しても舌の傷は治りません。

細胞がすでにおかしい状態と思われます。

これを「上皮異形成」と言います。

 

もちろん、病院で再度きちんと検査してもらいます。

ただ、現在では仕事があり、検査も満足に行けません。

 

また、手術をすると入院が必要です。

ざっくり3週間から1か月の入院が必要です。

その後体力を戻す必要があります。

 

日常生活ならば大丈夫だけど、仕事をするための体力を考えると最低でも1か月くらい必要です。

つまり、約2か月は仕事を休む必要があります。

 

私の結論としては「会社を辞めるしかない」と思っています。

そのことを明日、会社の社長に伝えます。

もちろん、単純な話ではなく、会社も問題を抱えています。

私がそれを何とかしようと思っています。

ここで辞めたら当然問題はそのままになってしまいます。

 

私が会社を辞めることでその問題を解決する方法を考えついて、それも含めて社長に伝え、今後どうするかを考えます。

 

正直、3度目の再発は絶望しました。

今後どうしたらいいのかよく分かりません。

しかし、まずは、現在の会社の問題を解決したいともいます。

 

その後、自分の舌癌の問題を解決したいともいます。

まあ、こちらの方は解決するとしたら、入院して手術を受けるしかないんですけどね。

 

明日には再度更新予定です。

 




スポンサーリンク


こちらの記事も読んで頂いています


                          

コメントを残す