【舌癌手術4回目:入院19日目】大量出血の後は2種類の痛み止め!同室者も!

先日の2階の大量出血依頼、痛み止めが手放せません。

ついに、毎食後に飲む痛み止めをもらうことになりました。

あと、ついに同室の人が入院してきました。

そのあたり、シェアします。

スポンサーリンク

痛み止め

痛み止めは本当に重要です。

いま「あまり効かない痛み止め」を毎食後に飲むことになりました。

カロナール

 

ところが、こいつ飲んでもあまり効かない。

痛み止めが切れたら「いっっっってーーー!!」となるくらい、痛くなります。

 

頬や顎が痛いのは当たり前、耳まで痛くあります。

今日なんか片目開けられなくなるくらい痛かったのです。

 

そして、痛いときは「よく効く痛み止め」を飲むことになりました。

それがボルタレン。

強い痛み止め

スポンサーリンク

 

どちらも錠剤なのですが、やっぱ2種類要るんですね・・・

大体6時間くらいで、ボルタレンの効果が切れるのですが、そしたらすごく痛い。

もうね、ちょっとした恐怖です。

 

昼間は、時計を見ていたら時間管理できるのですが、寝ているときは大変です。

痛みで目が覚めるのだから。

早く抜糸したい・・・

きっと、糸さえとれば、痛みは和らぐはずなのです。

 

同室者

これまで、2人部屋に1人で入院していました。

先日1泊2日の入院者が来て、ずいぶん気を使いましたが、1日ちょいなのでもう過ぎたことでした。

 

そして、今日、入院者が!

前回に続いておじさんです。

どっちかと言うと、おじいさん。

 

一番困っているのは「室温」。

私としては、少し寒いくらいに設定したい。

でも、普通の人にとっては本当に寒い・・・と思う。

 

分かっているけれど、相手に100%合わせると、こちらは汗疹ができるわ大変になります。

他人と合わせると言うのは、入院中は本当に難しい。

相手だけでなく、自分も、ギリギリなのです。

 

そのおじいさんは今寝ているので、あとで、温度について話して合意を取りたいと思います(汗)

ちなみに、私は24度に設定したい。

おじいさんは、27度が良いみたいです。(勝手に変えてあった)。

私は、26度くらいで我慢しようと思っていますが、27度はダメだった・・・

 

多分、話し合わないと、こんなしょうもないことで喧嘩したり、険悪な雰囲気になったりするのだと思います。

あと1週間くらいは、私の入院生活は続くので、できるだけ過ごしやすくしたいと思います。

スポンサーリンク こちらの記事も読んで頂いています