【舌癌手術4回目:入院8日目】口の中に縫い付けた風船の取り出し

入院8日目です。

2019年6月11日月曜日のことについて書きます。

今日、口の中に固定した風船を取り出しました。

これだけ聞いたらすごくグロい話ですが、まさにそのままです。

シェアします。

スポンサーリンク






今日の進捗

入院初日から、日々色々と進んでいきます。

入院から8日目、手術後7日経過した時点で、劇的に変わる一歩がありました。

 

それは、口の中に糸で固定している風船を取り除くこと。

 

どういうこと?

私の手術の場合、口底(こうてい)と舌の一部に癌があったので、それを切っています。

どれくらいの広さだったのかは、まだ教えてもらっていませんが、多分横方向に6センチ、奥行き方向に3センチ、深さ5mmくらいだと思います。

 

たばこの箱ほどの広さの皮を剥いだわけですので、当然そこには皮膚がありません。

お腹の皮を取って、口の中に移植しています。(これを「植皮」と言うらしい)

 

ただ、単に皮を貼っただけでは、当然はがれてしまいます。

のりや接着剤はないわけですから。

 

そこで、風船にガーゼを入れたものを準備して、それを植皮した部分に押し付けたまま固定します。

考えただけでも恐ろしい手術ですが、舌癌の手術をするときは多いのだと思います。

過去4回受けて、毎回そうなので・・・

 

風船は糸で固定しているそうです。

聞いた話では、50本以上の以上で固定しているのだそうです。

写真をシェアしたいけれど、かなりグロいので、加工して・・・

舌癌の手術後の状態

 

自分でもあまり直視できないのですが、金具っぽいのも見えるみたい・・・

白いのは全部「糸」みたいです。

 

ちょっとピントがズレているくらいがちょうどいい・・・

ちゃんと見るとかなりグロい感じです。

 

11日は、その風船を取りました。

タイオーバーとかって、言うみたい。

 

ガーゼが取れると・・・スプラッター。

とてもお見せしたらいけないような、生々しい状態です(汗)

 

痛いのは、以前と変わらず痛いのですが、舌は少し自由に動く動かせる様になりました。

ただ、舌自体を曲げたりは、まだできないみたいです。

あと、すごく腫れているので、しゃべっても普通にしゃべれません。

舌が邪魔でちゃんと発音できない感じ。

今が完成形だったら、「言語障害」とかって言われそうです。

 

時間経過とともに、腫れが収まるのを期待したいと思います。

 

ご飯の変化

昨日の夕食から、おかずがきざみ食に変わったままですが、ちゃんとご飯らしい味がするようになりました。

昨日までは、朝と昼は完全ペースト食。

昨日朝のペースト食

朝のペースト食

 

昨日昼のペースト食

昼のペースト食

もうね、どれが何なのかわからない!

朝と昼では品数が違うので、別のメニューだろうと思うけれど、全部「液」だから・・・

 

昨日夜のきざみ食

夕食は「きざみ食」にしてもらいました♪

ペースト→きざみ食でこんなにも違うのか、と思いました。

きざみ食の夕飯

材料に何を使っているのか、やっと予想がつく感じに・・・

おかずは、「牛肉と野菜の炒め物」と「胡麻和え」らしいのですが、写真上の方が、「牛肉の~」だとちゃんとわかります。

 

ペースト食だと「1色の液」なので、味も何もあったもんじゃない。

栄養は取れるのだろうけれど、人はそんなには食べられないです^^;

 

ご飯は、お粥の状態が変わらず続いていて、これが実に進まない。

食べないと足りないので、お腹がすくから、売店で買ってきたパンとか、おにぎりとか、食べてます^^

鶏五目おにぎり

 

コンビニのおにぎりうめぇ。

コンビニのパンうめぇ。

 

病院食一択だと段々見えなくなるのだけれど、病院食って美味しくないんだなぁ・・・

 

今日になって、魚がフレーク状で出るくらいになっているので、ちゃんと味が分かる感じ。

病院食のきざみ食

左はサラダらしい。

 

脱ペースト食で食事内容は少しグレードアップしましたが、ストレスは大きいです。

チョコレートとかでも、そっちの方がおいしいし。

病院食とチョコレート

 

舌の風船が無くなったことで、舌を少し動かせるようになったので、食べられる物にも広がりが出てきました。

おにぎりも食べられるので、ご飯は普通のご飯でも良いと思うのですが・・・

 

ここら辺はお医者さんが判断することだと思うので、患者的には言うとおりにします。

でも、お腹は空くので、何か売店で買ってきたものも食べ続けようと思います。

何気にカップ麺食べたい・・・




スポンサーリンク


こちらの記事も読んで頂いています


                          

コメントを残す