【舌癌手術4回目:入院2日目】手術当日・・・

いよいよ入院2日目で、手術日です。

昼からの予定で、時間は未定だという事でした。

4度目だというのに怖いところはあります。

4度目だからかもしれません。

そのあたりの心境をシェアします。

スポンサーリンク






手術前

朝食は抜きで、昼ご飯も抜きでした。

緊張のせいかお腹は減っていませんでした。

 

この日は朝から嫁が来てくれていました。

付き添いの人がいないと手術は出来ないのだそうです。

 

専用の手術着に着替えて、その時を待ちます。

手術日と下着

 

下着は以前の紙パンツではなく、おむつみたいに3方向からマジックテープで止められるようになっているタイプでした。

 

手術室へ

いよいよ手術室に呼ばれました。

手術室までは自分で歩いていきます。

 

ドラマとかで「手術中」ってランプが着くあの扉です。

手術室の前では、本人確認されます。

名前と手術名を言います。

 

手術室の一口には私の名前と年齢が書いてあったのですが、年齢は間違えていました(汗)

ほんのちょっとのことですが、「大丈夫か!?」と思うところだと思います。

まあ、名前が合っていたので、他の手術をされる可能性は低いでしょうが、ほんの少しでも気になるものです。

かなり、ナーバスなのかもしれません。

 

一番ナーバスなのは、手術ベッドに寝た時です。

天井に無影灯と言う影が出ないライトがあります。

舌癌での入院

これから始まる、というのもナーバスになる理由ですが、麻酔を点滴で入れたらほんの数秒後には意識がなくなるのも経験済みです。

そして、その後は意識がなく目が覚めたら口の中がめちゃくちゃ痛いわけで・・・

 

血圧計を腕に付けられ、点滴の針を右手の甲に刺して・・・

そしてその時は来ます。

右手から冷たいのが入ってきます。

よくわからないけれど、あれが入ってくると意識がなくなるやつです。

やっぱり数秒後意識が途切れました・・・

 

覚醒

・・・目が覚めました。

口がめっちゃくちゃ痛い!

口が閉じない!?

 

あと、植皮したお腹が痛いです。

 

鼻はチューブが抜かれた関係で両鼻血だらけです。

口からの呼吸はできません。

舌がめちゃくちゃ腫れているみたいです。

 

鼻はかろうじて呼吸ができるので、鼻で呼吸を。

普段口呼吸なのでしょうね。

すごく息苦しいです。

 

そして、右鼻は汁が出ているみたいで時々つまります。

手術室から回復室にベッドのまま移動します。

途中廊下で嫁がいました。

自分が大丈夫だという事を伝えたいけれど、しゃべれない。

指でサムズアップしました。

 

回復室では、2時間安静にする必要があります。

息苦しいし、口やお腹が痛い中、2時間安静です。

今が何時なのか!?

時間もわかりません。

聞けば午後6時とのこと。

手術開始が12時15分だったので、約6時間の手術だったようです。

 

予定では4時間くらいと聞いていたので、大変だったのかもしれません。

前回は部位が違うけれど、8時間だったので、前回よりは早かったかも。

 

とにかく頭が痛い。

手術とはいえ、たくさん切ったはずです。

それで熱が出ているのでしょう。

思い出しただけでも辛い時間です。

 

この日はこのサイトを更新できないでいました。

実際には、手術の翌々日に書きました。




スポンサーリンク


こちらの記事も読んで頂いています


                          

コメントを残す