「手術を受けない」と決めた決断は正しかったのか?

先日病院で舌癌の再発を告げられました。

普通に考えたら即手術した方がいいのかもしれません。

私は今回手術しない決断をしました。

それについて、考えをシェアします。

 

スポンサーリンク

 

死ぬ気になったのか?

死ぬ気になったのか?

ぜんっぜんそんなことはありません。

まだまだ42歳。

 

まだまだおいしいものをたくさん食べないといけませんし、子供の成長だって見ないといけません。

そして何より働いて稼がないといけないのです。

舌癌発見のきっかけ

もちろん、健康と仕事だったら健康を選びます。

スポンサーリンク

現在の舌の状態

現在の舌の状態(予後)ですが、先日お知らせした「ティッシュ詰め作戦(もっといい名前は無いのか!?)」が好調です。

 

舌の側面はデコボコがなく、比較的綺麗な顔をしています。

舌の調子またおっさんの舌の拡大写真をアップしてしまった・・・

相当評判悪くなりそうですが、舌癌の場合幹部がそのまま見えるので、良いのか悪いのか・・・

 

肺癌や肝臓癌の場合は当然見えません。

見えない分余計に不安になるでしょう。

肺癌など転移や進行も早いといいますし・・・

 

自分で自分の癌に対してできることがあるというのはありがたいことなのかもしれません。

あとは、健康的な生活を送って免疫力を上げることを心がけないといけません。

 

人の身体は健康な人でも毎日癌細胞が生まれているのだそうです。

その数5000個。毎日です。

もちろん、私だけでなく、あなたもそうなのです。

 

通常は免疫力でこれらの癌細胞を倒し、成長させないのだそうです。

 

癌患者の場合、色々な理由で免疫力が弱いのか、癌の成長に免疫力が追いつかないのか、生き残ってしまうのです。そして、翌日も5000個の新しい癌細胞が生まれて・・・

 

免疫力を上げることが癌の抑制になるのだそうです。

すでに成長している癌細胞も免疫力が強い場合は小さくなっていくのだとか。

スポンサーリンク

人間の身体ってすごいですね。

 

私は毎日夜中の2時に寝ていましたので、最近は1時までには寝るようにしていました。

更に早く寝るようにして免疫力を高めたいと思います。

 

自分の免疫力って数値で計れないから困りますね。

 

手術しない理由

一番の理由はやっぱり「仕事」だと思います。

6月から新しい業務を始めます。

今入院して手術を受けるとどうしても6月1日に間に会いません。

5月はゴールデンウィークがあったのも悪かった。

5月上旬は検査などもはかどりませんでした。

 

かなり状態が悪い時は「緊急入院、緊急手術」と言うことで、色々な段取りは横入り出来て最優先で受けられたようです。

ところが、状態が良かったから。

(なんか悪かったみたいに ^^)

 

 

ちゃんと順番通りに検査を受ける必要があり、6月1日に十分な状態で退院している未来は想像がつかなかったのです。

退院後には2週間に1度の検査も数回あります。

忙しいと言っている6月にこれはかなり難しいです。

 

 

先生に相談したら、土曜日に出勤していることもあるから日を決めておいて検査を受けることも案として言ってくれましたが、3週間入院して3週間ほとんど動かないとどれくらいヘロヘロになるかは既に2回も経験済みです。

 

今回の業務はどれくらい大変なのか未経験なだけに余計に難しい。

また、癌細胞があった部位は既に切っているというのも思いきれないことの一つと言えます。

舌に既に癌があり、今もあるならばすぐに切りたいでしょう。

しかし、既に切ってます。

病院の先生的には、十分な広さを切れていないので、と言うこと。

 

病院としては切ることを勧める、と言うことでしたが、難しい決断ですが、私は切らないことを選びました。

白板症の部分もまだあるので、放置するわけではありません。

ただ、「経過観察」と言うことで定期検診は受け続けようと思います。

 

次回はエコー検査を受けます。

これは従来から3か月に1回程度受けていたものです。

6月からい忙しくなる可能性が高いので、5月の最後の方に入れて、6月の検査が無いように調整しています。

そうはいっても、先日のMRIの画像検査で詳細の検査の結果良くない状態ならば、急に手術になるかもしれないという非常に不安定な状態でもあります。

MRI

 

やっぱり、癌と言うのは進行したら死亡率が高い病気なので不安にもなります。

一方で、家族にはその不安はなるべく伝えたくないと思っています。

 

 

 

スポンサーリンク こちらの記事も読んで頂いています