【入院3日目】舌癌手術が終わりました。頭痛がひどいです。

入院2日目(昨日)に手術を受けました。

手術開始は12時。

病室に帰ったのは夜の8時30分になっていました。

実際の手術時間は3時間だったらしいです。

スポンサードリンク








こちらの記事も読んで頂いています。


手術の際は頼りない紙パンツをはきます。

紙パンツ

 

その後、肩紐の手術着を着ます。

それだけだとあまりにも露出が多く廊下を歩くのにおかしいので、さらに浴衣的なものを羽織ます。

これが浴衣的なものを着た状態。

その上に浴衣をきる

手術後の様子

目が覚めたのは午後5時くらい。

嫁が手術が終わるのを待ってくれていました。

目が覚めたので、とにかく嫁を呼んで家に帰るよう伝えました。

子供の夕飯の準備などあるからです。

 

そこから約2時間は起き上がったらだめだと言われました。

以前と違って頭が痛かったです。

熱はないのですが、熱があるときの様に頭が重く、痛い感じ。

水枕を頭の下に敷いてもらって横になっておきます。

心配していた「おしっこ」ですが、やっぱり管が入っています。

以前と違うのは管の太さが太くなっていた!

 

何から出ている管は直径4mmほどなのですが、そこから太くなっていて8mmくらいまで太くなっていました。

だから流れやすい!

膀胱がパンパンで苦しい・・・と言うことはありませんでした。

でも、管が入っていると変な感じです。

ずっとおしっこに行きたいような感じ。

残尿感が半端ない。

 

それよりも頭が痛い。

切ったからかなぁ。

予定では出血量は50cc程度。

ほんの少しです。

具合が悪いのは血を少し飲み込んだからかもしれません。

 

8時30分くらいまでこらえて、病室に歩いて移動しました。

手には点滴がつながっています。

点滴がつながっている

 

スタンドに点滴バッグがかかっているので、それごと移動です。

点滴スタンド

 

この日は起き上がれる時間が遅くなったのと、頭が痛いので夕飯はなし。

気が付けばこの日何も食べていません。

熱が出て寝込んでいる時の様に食欲がないので別に困りませんでした。

 

入院3日目の様子

2日目は頭が痛いなりに眠ることができました。

夜の10時くらいに寝ていたみたいですが、2時間おきに看護師さんが点滴を確認しに来てくれます。

そのたびに目が覚めるので、夜の12時に目が覚めました。

そこから意外と寝られずに、2時か3時くらいまで起きていました。

それでもそのあとまた眠り、合計で7時間くらい寝たと思います。

 

朝8時には朝食がベッドのところまで届けられました。

色々食べられないので病室で食事ができる様に配慮頂いています。

みんな色々なものを食べているのに私だけ汁だとかわいそうだろう、と言うことでしょう。

3日目の食事はこれです。

病院食

 

流動食なので、完全に全部液です。

固形物はありません。

 

  • おかゆ(・・・と言うより洗濯糊)
  • 味噌汁(具なし)
  • 煮物スープ(かぼちゃ?)
  • 牛乳
  • 栄養剤
  • 海苔の佃煮

 

すべてストローで飲めますね。

でも、調子に乗って吸っていたら左側の喉のあたりが痛くなってきてしまいました。

 

あとは、舌を糸で固定しているので、自分のつばすら飲み込みにくいのが地味にしんどいです。

今回は鼻が通っているので、鼻から息ができるから呼吸で困ることがない。

先生が上手な人が手術したのか、器具などが進化したのか?

とにかく患者としてはありがたいです。

 

口の中の画像も需要があればアップしますが、結構えぐい感じになっています(^^;

お腹の皮を舌に植皮しているので、へその横もでかいガーゼがあります。

 

スポンサードリンク
                          

コメントを残す