舌癌予防手術後の25日の状態に異常発生!

予防的な手術で舌の側面にできたポッチを切った話は既にお知らせしました。

その後比較的順調に傷もくっついてきたころでしたが、切った部分の細胞から癌細胞が出たと病院から連絡がありました。

結果として、次回のMRIの検査結果を見て再度大々的な手術をするか、気になる部分をもう少し切る程度にするかと言う話になりました。

更にその後の話です。

 

スポンサーリンク






 

あの手術から25日間が経過しました。

ここに来て急激に変化が!

画像はこれです。

 

急激に成長している腫瘍

 

切除前と同じくらいに肉が成長して来ています!

 

中に糸は残っていなかったことから、単なる「腫瘍(しゅよう)」だったと言える訳ですが、切って25日程度でまた復活して来ています(汗

 

縫った部分は少し固くなっているのですが、その縫い目の隙間のような部分を狙ってやわらかい部分が成長して来ています。

ちょうど歯と歯の間の隙間の部分に入りこむとこんな形になります。

今回もまさにそんな感じ。

 

切除前は切除した先端に癌細胞があったということですので、今回も先端について気になっています。

ほんの25日で癌細胞まで復活しているとしたら一大事です。

とんでもないスピードで癌化しているということになってしまいます。

 

土日を挟んで5月9日にMRIを受けます。

当然その時に担当医にも会いますので、現状を見てもらい判断してもらうことになります。

 

いずれにしても3か所の問題部位の一番前のしこりを切るつもりだったのですが、もしかしたら、それでは足りなくて前と真ん中間で切る必要が出てくるかも知れません。

治ってきているように思えないく、悪くなっているように思える状態だとやっぱり不安です。

 

しかも、今回は前回切ってからまだ25日しか経っていないし・・・

とりあえず、歯に舌を当てると隙間に肉が入ってしまってその形に腫瘍が成長して行くような気がします。

ガーゼなどを詰め込んで歯と舌が直接当たる時間を減らしたいと思います(汗

 

日々書くことがあってブログ的にはいいのですが、自分の身体は心配な状態になってきました。

しかも、自分でできることがほとんどありません。

早寝早起きくらいでしょうか・・・

 




スポンサーリンク


こちらの記事も読んで頂いています


                          

コメントを残す