4度目の手術から約4か月経過した検査の結果は・・・

4度目の舌癌手術を2019年6月に受けました。

約1か月間の入院後、退院した後も2週間おきに検査に行っています。

手術から約4か月経過した今日の検査での結果は・・・

スポンサーリンク

約4か月経過した検査の結果

手術から約4か月経過した検査結果は・・・転移などありません、とのことでした。

これがどういうことかと言うと、手術時に切った皮膚のエッジ部分に、「異形成」が見られた、と言うことだったのです。

舌癌の検査

この「異形成」とは、細胞の異形成のことで、細胞の核の大きさがバラバラになっている状態とのこと。

スポンサーリンク

要するに、ガンになる一歩手前と言う状態です。

通常ならば、大きめに切って、ガンの予防をするのが普通です。

 

エッジ部分が歯にあたることもあって、それ以上がなく不安が残っていたようです。

(患者である私は、ほとんど気にしていませんでしたが・・・)

 

検査時間は、10分ほど。

費用も680円。

薬もありません。

 

一度言われた抗がん剤の話も、その後全然出ません。

 

まあまあ悪くない結果だったと言えます。

ただ、植皮したところから、「肉毛(にくげ)」と言う盛り上がりができている部分があります。

(先生が)見た感じ悪い感じではないとのことなので、新しいガンが盛り上がっているのではないのでしょう。

1年くらい経過したら、整形としてカットすることを予定しています。

 

舌が動きにくくて「らりるれろ」が言いにくいのも問題としてあります。

これも、突っ張っている部分を一部切り開いて、しゃべりやすくすることも計画があるみたいです。

 

まだまだ舌癌、口腔癌とは付き合っていくことになりそうです。

 

 

スポンサーリンク こちらの記事も読んで頂いています