【舌癌手術4回目:入院10日目】ご飯が食べられなくて対策を取られそう

入院10日目です。

病院食にも飽きました。

普通の人の普通の病院食を想像していたら、そんな生易しいものではないのです。

驚きのメニューと、今対策を取られてしまいそうな現状をシェアします。

スポンサーリンク

舌癌で入院した時の病院食

手術直後の食事は基本的に「液」でした。

昼食

汁ものはもちろんのこと、ご飯もおかずも全部「液」です。

最初のうちは本当に何も食べることができないので、液でもこれの方がありがたかったです。

 

ところが、入院生活も10日になってくると、少しづつですが余裕が出てきます。

痛いのは痛いけれど、少し頑張って食べようとしたりします。

そんな時に、食事がグレードアップするのですが「きざみ食」がこれです。

夕ご飯のピカタ

ご飯はお粥。

おかずは全部刻んである状態。

 

おかずはまだ何とか我慢できるのですが、ご飯が入っていかない!

(おいしくない)

 

そこで、売店に行って、おにぎりとか、いなり寿司とか買いに行きます^^

いなりずし

スポンサーリンク

いなり寿司美味しい♪

 

お粥が食べられないことの弊害

おにぎりやパンは勝手に買って、勝手に食べているだけなので、病院は量をもちろんのこと把握していません。

病院は病院が出した病院食については食べた量を記録しています。

 

ご飯(1/10)

おかず(8/10)

 

みたいな感じでしょうか。

何割くらい食べたか、という割とざっくりした記録ですが。

 

私の場合、ここ数日ご飯をほとんど食べていない。(おいしくないから)

でも、パンやおにぎりをたらふく食べているので、お腹はいっぱい。

パンを食べる

そのため、病院の記録上は「十分食べてない」「お腹がしているのでは!?」となっているみたいです。

それだけではなく、「栄養が足りないのでは!?」と言うところまで来ています。

 

看護師さんとかは、普通におにぎり食べたり、チョコレート食べたりしているのを知っているのですが、問題はそれらが記録に残らない事みたいです。

 

病院としてはご飯を食べていないことで、栄養失調や治りが悪くなったら問題です。

そこで、点滴をスタートするかもしれません(汗)

私としては、そのために「対策の対策」を打たないといけません(汗)

 

まずは、食事グレードを上げてもらうことにトライしてみます。

美味しくないお粥から脱却できれば、美味しくなくてもご飯を食べればいいだけです。

売店までおにぎりを買いに行く手間もなくなるし、余計なお金を使う必要もありません。

 

さあ、どうなるかなぁ・・・

 

ちなみに、お粥もごはんも何段階かあるみたいです。

お粥はよく分からないけれど、おかずには以下のような段階があることが分かりました。

 

ペースト

極きざみ(いまここ)

きざみ

軟食

普通

 

2019年6月14日金曜日昼からは、2段階ステップアップして「軟食」に変えてもらえました♪

どんなご飯になったかは、明日の更新をお楽しみに。

スポンサーリンク こちらの記事も読んで頂いています