【舌癌手術4回目:入院1日目】入院手続きをしました

いよいよ4回目となる舌癌の手術のための入院です。

入院した日は特に手術ではないので、緊張はしないのだけれど、もちろん気持ちは上がりません。

入院手続きなどについてお知らせします。

スポンサーリンク

入院手続き

色々な入院荷物をもって病院へ。

入院手続き、手術当日は、身元引受人が必要とのこと。

妻に付き合ってもらいました。

人は一人では生きられない、と言いますが、一人だと手術も受けさせてもらえないのです(汗)

 

担当してもらっている科に行って、その後受付に行って、いよいよ病棟へ。

病棟とは、要するに、入院している人がいる部屋がある場所です。

舌癌での入院

このベッドがこれから約3週間過ごす場所となります。

 

麻酔科医からの説明

麻酔科医さんからの説明がるとのことでした。

麻酔科医と言ったら、麻酔だけする人だと思っていたら、呼吸器系を確保したり、おしっこの管を入れたり、輸血がある場合は輸血までしたりしているそうです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

麻酔科医ハナ(1) (Action comics) [ なかお白亜 ]
価格:648円(税込、送料無料) (2019/6/5時点)

スポンサーリンク

楽天で購入

 

 

漫画での知識ですが・・・

 

担当医からの説明

今度は担当医さんからの説明がありました。

主治医、医者、医者、看護師、と4人もこられ、個室に待っておられました。

こちらは、私、嫁、と2人です。

そこで、小一時間これまでの経緯と、手術の内容について説明を受けました。

 

どっちかというと、私に、というより、嫁に知らせているように感じました。

いくつかの書類に同意書を書いて。

これも、私だけではなく、嫁の同意も必要でした。

うーん、独り者はどうするんだ!?

嫁に助けてもらっているな、と感じました。

 

内容としては、「舌」も含むけれど、舌の付け根部分(口底:こうてい)も切る必要がある、とのこと。

こちらは口底癌と呼ぶみたいです。

だから、私の場合は、「舌癌」と「口底癌」の2種類あると言えます。

同じような場所なのですが、場所によって名称が変わるそうです。

 

まあ、考えてみたら、胃にあったら胃がんで、肺にあったら肺がんです。

そういうものなのでしょう。

 

昼食・夕食

病院での入院で最も楽しみなものと言えば、「食事」だと言えます。

入院手続きの日は、午前10時に病院に来たので、昼食は病院食が準備されていました。

昼食

まだ、入院手続きをしただけで、手術は翌日なので、普通のメニューです。

味は普通。

 

まあ、外食ではないですからね。

ちなみに、夕食も普通食

こんなのでした。

舌癌入院の食事

まだ食堂で食べました。

明日からは、個室で食べることになる予定です。

 

 

スポンサーリンク こちらの記事も読んで頂いています