【舌癌の検査】結果がやばい・そして切ることに

ここ数週間、検査に何度も行っていました。

口の中が荒れていたり・・・

前回の簡易検査の結果がでたので、その結果を聞いたら・・・

 

スポンサーリンク






 

簡易検査

ずっと口の中が荒れていたのですが、少し良くなったり、また荒れていたり・・・

舌癌の場合は、基本的に良くならないので、状態のいい時もあるのでそれほど悲観していませんでした。

数回の検査の結果、分かったことがあります。

舌癌の検査

赤くなっていた理由は2つあって、1つは口の中をやけどしていた。

熱いものを食べたりしていたのでそれが原因でしょう。

 

もう一つ、小さいけれど常に赤い部分があったのです。

今回医者にはそれを指摘されました。

 

簡易検査の結果は、5段階のうち4番目。

1正常→2経度異形成→3中度異形成→4高度異形成→5癌

この4番目です。

 

良くないですね~。

 

簡易検査では、詳細は分かりません。

そこで、切って病理検査することになりました・・・

 

舌の裏を切るって異常に怖いです。

そして痛そう・・・

 

でも、既によくない状態は判明しているので検査をお願いすることにしました。

 

病理検査のため切る

 

以前はレモンの種大の大きさ切られたのですが、今回はその半分くらい。

麻酔がある間はほとんどいたくないのですが、麻酔の注射が痛い!!

そういえば、そうだった。

舌に注射つって!

 

 

麻酔は2~3時間で麻酔が切れてくる

舌を切って、テンションダダ下がり・・・

しかも、たぶん検査結果って「癌」ですよ。

 

過去に3度検査をさ受けて、2度癌でした。

一番最初だけ「中度異形成」だったのですが、その時も予防的に手術を受けたら、癌細胞が出ています。

要するに3度中3度癌ですよ・・・

 

テンション下がるし、手術や入院のことも考えないといけない・・・

そんな中、麻酔が切れてきました。

しばらく6時間おきに痛み止めを飲まないと。

痛み止め

ほんのちょっと切っただけなのにずっと痛いなんて・・・

 

痛いときは、顎のあたりを押しておくと少しだけ楽な感じ・・・

痛いところに手を当てる

 

翌日の朝は目が覚めた時、全然痛くなかったので、人ってそんなにすぐ治るもの!?と思いました。

でも、時間とともにまたじわじわと痛いのが返ってきた。

縫った時の糸

 

やっぱり糸は付いている。

しばらくまた大変です。

 

前回の手術から2年弱です。

1年9か月。

これまで3年おきだったので、それでも良くないと思っていたけれど、期間が縮まるって・・・

とりあえず、1週間後に抜糸があります。

 

その時に痛い思いをして切ってもらった部分の検査結果が出ます。

 




スポンサーリンク


こちらの記事も読んで頂いています


                          

コメントを残す