口の中の調子が気になります。こんな筋あったかなぁ?

前回生検のために舌の一部を切ったことを知らせしました。

そしてたった25日で切る前の状態になってしまっていました。

ところが、これは歯に下を押しつけていたので腫瘍ではなく「跡」だということが分かりました。

こちらはいいのですが、それ以外の不具合もあるのでそれについても書きたいと思います。

 

スポンサードリンク








こちらの記事も読んで頂いています。


 

ひとつ目のトラブル

何だか色々口の中のトラブルがあるものです(汗

トラブルのひとつ目は「口内炎」です。

 

まあ、今に始まったことではないのですが、以前の手術で植皮しています。

この「植皮」とはお腹の皮を口の中に移植することです。

舌の調子

舌の下の方の少し茶色かかった部分が分かりますか?

この部分が植皮部分です。

元々舌の皮ではないので、少し固いのです。

 

舌に完全に融合するには何年かかかるのでしょう。

皮膚の固い部分と柔らかい部分があると、そこに「ズレ」が生じます。

傷になって、口内炎に発展します(汗

ちょいちょいケナログのお世話になっています。

 

ケナログ





スポンサードリンク




 

二つめのトラブル

何だか口腔内で荒れているところがあります。

こんなのもその関連だと言えます。

口内炎の画像

 

画像は口内炎なんですが、もっと舌に近い部分は何だか痛い部分があるんですよね。

歯は1日に何度も磨いています。

口の中は清潔であるように心がけています。

それでも口の中が荒れるというのは普通じゃないと思っています。

 

ただ、MRI検査を受けても何もでない。

今月末にエコー検査も受けますが、以前の結果では何も出ない。

舌の一部を切って生検受けたら癌細胞が出ていますが・・・(汗

 

ただ、この癌細胞が突起物の先端のみと言う話。

追加で切った方が良いと言われていますが、すぐに切るのではなく経過観察としました。

「何かある」のか!?

それとも「何かあった」のか!?

 

医者にも私にも分からない感じです。

ちょっと気持ち悪い感じもあります。

 

希望もある

なにか調子が悪く、それが見つからないと言う状態ですが、悪いばかりかと言うとそうでもありません。

 

まずは、「それほど悪い状態ではない」と言うことです。

深刻さはそれほどない。

 

そして、人には「免疫力」と言う物があります。

小さな癌細胞は健康な人にも毎日発生しています。

ただ、これが進行しないのは「免疫力」があるからです。

 

1mm以下の癌は治療するべきじゃない、という医師もいる程です。

ただ、「癌になりやすい環境」がある以上一度直したとしても、後々新しい癌になることがあります。

免疫力を上げるしか対処法は無いと考えています。

 

免疫力を上げるには、健康的な生活を送るしかありません。

規則正しい食生活。これはできているつもりです。

十分な睡眠をとる。これがちょっとあやしいです。

少し前まで寝るのはもっぱら夜中の2時でした。

睡眠時間は4時間半だったことが10年くらい続いていました。

 

だから、今は遅くても1時に寝るようにしています。

早ければ12時に。

そして起きるのは、7時30分。

睡眠時間は6時間30分~7時間。

 

その他できることと言ったら、「乳酸菌」でしょうか。

免疫力とは具体的には「NK細胞(ナチュラルキラー細胞)」と言われています。

これは腸で作られるのだとか。

 

免疫細胞の70%は「腸」で作られる。残り30%は「心」だとか。

こんなのがいいのかもしれません。

サプリメント:3兆個濃縮乳酸菌のご購入はこちら

 

とりあえず、ヨーグルトなどにトライしてみるのもいいでしょう。

 

それでもダメならサプリメントにでもトライしてみます。

 

 

スポンサードリンク
                          

コメントを残す