舌癌って舌がどうなることですか?

「舌癌って舌がどうなることですか?」と質問を頂きました。

 

確かに。

舌癌になったことが無い方にとっては判断できないでしょうし、

ご自身の舌に何らかの不具合を抱えている時は

自分が舌癌かもしれないと不安になってしまうでしょう。

 

舌癌と単なる口内炎などの判断基準をお知らせします。

スポンサードリンク








こちらの記事も読んで頂いています。


舌のトラブルは意外に多いです。

一番多いのは「口内炎」ではないでしょうか?

 

口内炎

口内炎は口の中や舌に小さな傷ができ、

そこに菌が入り炎症を起こすことです。

腫れたり赤くなったりします。

口内炎はご存知のように痛いですよね(^^;

 

画像で言うとこんな感じです。

噛んだことが原因の口内炎

 

 

白板症

舌の側面に白いところができてしまうことがあります。

その場合、白板症かも知れません。

 

白板症自体はそれほど悪いものではありません。

単に白くなるだけです。

画像で言うとこんな感じです。

患部の写真

 

中央の白いところが白板症。

もっと広い範囲の場合もあります。

 

舌の中央とかではあまり起きないようです。

あと、舌の上が時々白くなるコケのようなものではありません。

このコケのようなものは、歯ブラシなどで擦ったら取れると思います。

白板症の白いものは取れません。

 

痛くもない。特に影響もない。

じゃあ悪くないかと言うと、そうでもないのです。

白板症は発展して行くことがあり、

範囲が広くなっていきます。

 

その場合、舌癌に発展して行く可能性があるのです。

気になったら病院で診てもらいましょう。

 

舌癌

舌癌は画像検索などをすると

恐ろしいものが多いです(汗

 

舌の半分を取るような舌癌は

かなり進行した舌癌です。

 

早めの検診で早期発見すれば

舌を取ったりしなくて済みます。

画像ではこんな感じです。

舌癌患部

 

いずれも私の実際の画像です(汗

 

注目すべきは、痛くないことです。

白板症も舌癌も、口内炎のような痛みがありません。

ズキズキする痛みがないので、

気付いているのに気付かなかったことにして

病院に行かないことがあります。

 

悪い時には癌化して進行してしまうことがあります。

気付いた時にはステージⅢとか、Ⅳとかに・・・

これは癌の大きさが2センチくらいの時です。

 

怖いのはリンパ節に転移することです。

この場合、全身に癌細胞が廻るので

肺や肝臓などあらゆるところで癌になる可能性があります。

 

気になったら気のせいでもいいので

病院で診てもらうようにしましょう。

 

 

担当は、口腔外科です。

耳鼻咽喉科と言われている方もいますが、

耳鼻咽喉科はその字の通り

耳と鼻がメインのことが多いです。

 

口腔外科は少し特殊ですが、

歯医者さんが兼ねていることが多いです。

気になったら歯医者さんに相談してみましょう。

 

スポンサードリンク
                          

コメントを残す