舌から血が出たら舌癌か

今回は「舌から血が出たら舌癌か」です。

通常舌から血が出ることはないと思います。

舌から血が出るようなことがあったら、舌癌でしょうか?

 

スポンサードリンク








こちらの記事も読んで頂いています。


 

舌から血が出ることが考えられるケース

舌から血が出ることが考えられるケースを以下にお知らせします。

 

舌を噛んてしまった場合

何かを食べたり、しゃべったりしている時に噛んでしまった場合です。

当然血は出ますが、数分程度で血は止まるといえます。

舌が痛い

 

食べ物で舌をケガをした場合

何かを食べている時に舌を噛んでしまう場合です。

これも痛いですし、血も出るのですが、数分程度で血は止まるはずです。

舌癌発見のきっかけ

 

舌にできた血豆がつぶれた場合

まれに舌に血豆のような物ができることがあります。

専門的には、血腫(けっしゅ)と言います。

歯に下が当たり血豆になることで血腫はできてしまいます。

そのほか、ストレスなどでできることもあるようです。

 

舌の粒々、味蕾が膿んだ場合

舌全体にある粒々のことを味蕾(みらい)と言います。

人間には味蕾が1万個程度あるようです。

菌が入りこんだりして、腫れてしまうことがあります。

膿んでしまったりして、血が出ることがあります。

これも数日で治ると思われます。

 

舌癌の場合

癌だから血が出る、という訳ではありませんが、傷のようになってしまった場合、傷口に癌があると細胞同士がくっつきません。この場合、血が出続けることがあります。

血自体は数分程度で止まることがありますが、少しの刺激で再び血が出たりします。

3週間程度改善されない場合は、病院にかかって専門医に診て頂くことをお勧めします。

 

 

 

色々なケースがあるので、舌から血が出たからと言って、必ずしも舌癌とは限りません。

でも、血が頻繁に出るようだったら、病院で診てもらうことをお勧めします。

 

その際は、耳鼻咽喉科口腔外科になりますが、個人的には口腔外科をお勧めします。

検査だけなら、歯医者さんでも口腔外科を兼ねているところが多いので、近所の歯医者さんで大丈夫だと思います。

舌癌の検査は口腔外科

スポンサードリンク
                          

コメントを残す