【舌癌手術4回目:入院3日目】生々しい話ですが・・・

入院2日目で手術を受けて、夜はとにかく頭が痛い、口が痛い、お腹(植皮したところ)が痛い、と大変なわけだったのですが、どのようにすごしたのか!?

そのあたりをシェアしたいと思います。

2019年6月6日分

スポンサーリンク






とにかくyoutube

とにかく痛いので、youtubeを見続けて、意識を痛みから外しました。

もちろん、ベッドに横になって、いつでも寝られる体制です。

寝てしまえば、痛いのも少し忘れられるはずです。

 

サンドイッチマンとバナナマンが良かったです。

いつも好きな、ナイツはちょっとダメでした。

切羽詰まった時は、好みが違うようです。

舌癌での入院

とにかく、時間が過ぎるのを待つ感じです。

痛み止めをもらって飲むと少し収まります。

 

食事

今朝から食事がでます。

食事と言ってもすべて「液」です。

朝食

 

ふたが閉じられていては分かりませんよね。

ふたを開けるとこんなです。

液だけの食事

全部こんなです。

 

ちなみに、昼も、夜もこんな感じ。

昼食

 

夜ごはん

 

おやつ

おやつもありました。

アイスクリームです。

おやつ

口の中で溶かして飲みこむのですが、まだ喉が痛くて、舌も腫れていて、のみこむことが難しい。

普段なら10秒もあれば、このくらいのアイスは食べられるのですが、10分以上かかってしまいました。

 

口の中で血が出ている

ここからが本当に生々しい話なのですが、手術とはいえ、舌を切ったわけです。

植皮したと言っても、血がにじみ出ているみたいです。

それが唾液と混ざって、口にたまります。

喉が痛いので飲みこめない。

また、飲みこんだら血なので具合が悪くなる。

 

そこで、ティッシュペーパーを少し咥えて寝ていました。

とはいえ、寝ている間に口は開いていたみたいで、まくらやシーツが血みどろです。

シーツが血みどろ

 

必要なもの

入院で必須だと思ったものは、「ポケットwifi」です。

スマホのテザリングでもネットにはつながるけど、遅い!

そして、ギガに上限があります。

 

そこで、無制限のポケットwifiを頼みました。

30日間で5,000円以下ならすぐに借りようと思いました。

それくらい娯楽がないのです。

 

病院にも送ってくれるみたいです。

ポケットwifi

 

病院と病棟であることと、病室の号室を書いたら送ってくれました。

注文した翌日に届いたのは驚きです。

ポケットwifi

 

どこが良いかな、と探したのですが、楽天市場が一番安くて条件が良かったです。

 

 

レンタル代も重要なのですが、月間通信制限がないと事。(無制限であること)

それと別に、3日間の条件と言うのが設定されているものがあるのです。

3日で7GBとか、10GBとか、あるのですが、動画を再生しまくっていたら、1日で10GBとかすぐに行きます(汗)

そういう制限がないやつは高めなのですが、そのなかでも安めのやつを探したのがこれです。

PC1台、スマホ1台、タブレット1台つないでます。

劇的にネット環境が良くなりました。

 

ただ、インターネットラジオはダメみたいです。

radikoで聞こうと思ったら、現在地が東京とか、佐賀とか、実際に自分がいる県とは違うところで認識されていて、聞きたい番組が聞けませんでした(涙)

普通のラジオもあるので、それで聞きたいと思います。

電波の入りが悪いので、音は悪いけど・・・




スポンサーリンク


こちらの記事も読んで頂いています


                          

コメントを残す