舌癌手術のために入院するとき買った本当に必要なもの3つとは

数日後には舌癌手術のため入院します。

今回で4回目です。

言うならば、ベテラン(?)です。

そんなベテランが、入院のために買った3つとは何かをシェアします。

スポンサーリンク






入院のベテランが入院のために買った3つ

医者は持って来るものを案内します。

洗面器、石鹸、歯ブラシ、歯磨き粉、シャンプー、ひげそり、タオル、バスタオル、くつ、ティッシュ、はし、湯飲み、コップ、スプーン、楽のみ、ストロー、下着、寝まき、くつした、イヤホン、を病院からは案内されました。

もちろん、それらを準備します。

 

では、入院のベテランが何を買ったのか!?

洗面器

洗面器は、前回の入院から3年経過したので、すでに処分してしまっていました。

改めて買うことにしました。

でも、ダイソーで十分です。

108円ですから。

洗面器

以前は、ホームセンターで買っていましたが、600円していました。

どうせ使い捨てです。

100円ショップで十分です。

 

ふりかけ

ふりかけはたくさん買いました。

舌癌とふりかけ

とにかく、入院しているときはご飯が最悪です。

ご飯と言うか、「汁」なのです。

こんなの。

夕飯

 

全部液体。

中でも、「ご飯」が一番大変です。

お粥のつぶつぶを全部失くした全粥なので、洗濯のりとかわりません。

それを飲むので、とにかく味がない!

一応、塩だったり、ゆかりだったりが付きますが、全体の味付けをできるわけではありません。

味が付いたところだけを飲んで、そのほかは残す…

 

お腹は本当に空いているのだけれど、食べられないものは食べられないことを知りました。

 

それ対策として、ふりかけです。

とにかく、ご飯に味をつけます。

 

 

中華調味料

コーミシャンタン的なやつです。

別の会社なので、香味ペーストと言う名前です。

中華調味料

 

全粥ってなにも塊はありませんが、お粥と言えばお粥です。

全く味がないのは本当に食べられない。

そこで、中華スープの素を買いました。

これで味付けをして飲む作戦です。

 

 

まとめ

予想できそうなものを準備したうえで、わざわざ入院のために買ったもののうち、2/3がお粥に味をつけるためのもの

これがどういうことかお判りでしょうか?

 

入院の時の一番の敵は「食事のまずさ」なのです。

 

元々病院の食事なので、あんまりおいしくありません。

更にそれをミキサーで完全に液にして出されます。

もう、歯ごたえとか全くないのです。

 

出かけられない。

病院から出られない。

食事がまずい。

しゃべれない。

術後の部分が痛い。

 

地獄です。

監獄よりもひどい。

 

少しでもこの地獄を緩和させる手段としては、食事の改善しかありません。

病院の食事が変わる訳はないのです。

そこで、個人でできる範囲抗いたいと思ったわけです。

 

どれほど効果を上げるか、実際に入院した時にシェアします。

 




スポンサーリンク


こちらの記事も読んで頂いています


                          

コメントを残す