【舌癌の疑い】やっぱり出た白い線と新しく出た別の問題とは

定期検査で、再検査、再々検査まで来ました。

口の中の状態は相変わらずよくないのです。

思ったところと違う部分を指摘されました。

備忘録的にまとめます。

 

スポンサーリンク






 

検査の結果

予定通り再々検査に行きました。

舌癌と病院

 

口の中の状態はこんなです。

口の中の状態

 

結局、白い線はなくならなくて、無くなったと思ったら、また出来ていました。

赤かった部分は、比較的収まった感じでしたが、今朝は赤みがありました。

 

病院ではそこを指摘されました。

そこはある意味思った通り。

どのくらいで良くなるか、の問題です。

 

ずっと悪いわけではないと感じています。

 

意外な問題

問題は意外なところにありました。

 

先ほどの画像の丸い部分です。

なんかちょっとポッコリ膨れているのです。

そして、赤みがある。

口の中の状態

先生が触っていると血が出る。

そりゃあ、ガーゼでこすっていたら血が出るかも。

 

検査を勧められました。

その検査と言うのが、画像の丸い部分のポッコリした部分を切り、それを病理検査すると言うのです。

手術までは必要ないけれど、麻酔をしてメスで切って・・・

痛いし、怖そうです。

 

でも、ガンかもしれないとしたら・・・

悩ましいときです。

 

簡易検査

今日は何もしないのも単なる先送り感がします。

そこで、今日は簡易検査をしてもらうことにしました。

 

歯間ブラシみたいなので、赤い部分をぬぐってそれを検査する方法らしいです。

「スクリーニング」と言うのだとか。

 

歯間ブラシと言うのは比喩的なものではなく、本当に歯間ブラシでした。

こんなの。

 

5段階くらいで分かるみたいで、1は全然問題なし。

5は完全に癌。

10日くらいで結果が出るそうです。

 

胃がんとか見えない部分のがんだったらこうはいかなかった。

良かったのだと思うようにします。

 

再々々検査

とりあえず、スクリーニングはしてもらって、簡単な検査はしました。

でも、あまりよくないとは自分でも思っているので、2週間後に再度見てもらうことに。

 

なぜ長引かせるのかと言うと、単に引き延ばしているのではなく、治るのではないかと思っているのです。

この1か月間もずっと悪いわけではなく、波がありました。

そこで、あと2週間リベンジ・・・と思っています。

 

再びケナログを・・・と思っていましたが、先生から「ケナコルト」と言う新しいやつを紹介されました。

このページでは何度も出てきたケナログ。

舌癌の薬ケナログ

 

 

今回新しく勧められたケナコルト。

舌癌とケナコルト

 

「注射用水」って書いてあるし・・・

舌癌とケナコルト

 

つるせるようになってるし。

点滴的な?

舌癌とうがい薬

 

1かいで5mlくらいしか使わない、と。

でも、10分間苦ありうがいし続けるのは結構大変です。

でも、まあ、自分のためです。

1日4回うがいし続けます。

 

あれ?

要冷蔵!

持って回れないのだけれど・・・

条件が難しいうがい薬です(汗

 

 




スポンサーリンク


こちらの記事も読んで頂いています


                          

コメントを残す