【舌癌入院11日目】ある程度舌の状態が落ち着いてきました【画像付】

舌癌手術での入院も今日で11日目です。

舌に縫い付けてあったガーゼも外れました。

でも、まだ舌には糸が残っている状態です。

日々の「処置」と呼ばれる消毒作業の時に少しづつ糸を切ってもらっています。

今回は舌の画像も公開しますので、ちょっとグロいです。

ご注意ください。

スポンサーリンク






こちらの記事も読んで頂いています


現在の食事は

食事はほぼ普通食になっています。

ただ、ご飯はまだすこし柔らかい状態です。

 

入院10日目昼食

固いものはありません。意外にプチトマトがこれまで出た食事で最も大きく、最も固い食材でした。

10日目昼食

 

入院10日目夕食

メインは豆腐ハンバーグです。絶対おかずが少なくて、ご飯が多すぎると思うんですけど・・・

ふりかけが手放せません(汗

入院10日目夕食

 

安定の「のりたま」は絶対に要る。

舌癌で入院した人へのお見舞いを検討することがあれば、ぜひ「ふりかけ」にしてあげてください(汗

 

焼肉も外せません。丸美屋すごいなぁ。

あ、丸美屋から何かもらっているわけじゃないですよ(^^;

スポンサーリンク



 

入院11日目朝食

今朝の朝食と言うことになります。

選択制だったので、洋食を選びました。

11日目朝食

 

私の場合、朝は基本的に食べないのですが、準備してもらっているので、スープなどを中心に頂きました。

パンは部屋に持ち帰っておやつにします。

 

入院11日目昼食

たしか「からあげ」だったと思うのですが・・・

見た目的にはから揚げではないと思いますので、メニューが変わったのか、ここではこれがから揚げなのか・・・

入院11日目昼食

 

とりあえず、もう普通食に近いですし、10分くらいあれば食べることができるので、食堂での食事に切り替わっています。

食堂での食事

 

おやつ

公式に良いのかどうかは分かりませんが、おやつを食べるようにしました。

夕ご飯が18時なので、00時に寝るとしたら6時間。

これだけ時間があくとお腹が減ります。

あとは、量。

おやつ

 

朝食のパンも食べてしまおう。

なんだこれ顔!?

パンに顔

 

まあ、とにかく食欲は普通にあります。

・・・と言うか元々食欲は減っていない。

ただ口の問題で食べられなかっただけ。

 

首から下は健康そのものなので、食事に関しては本当に辛い!

 

スポンサーリンク






こちらの記事も読んで頂いています


体温

健康のバロメーターのひとつとして体温があります。

入院初日から1日3回くらい体温を測り続けています。

体温

 

体温は36.6度。

いい具合の体温です。

元々35度とかの低体温の人間でしたので、平熱がホントに変わったと思います。

 

水素タブレットが効いていると思います。

⇒ 舌癌になった私が1か月間「水素」を飲み続けた結果

⇒ 舌癌の予防のために飲んだ水素の効果

体温が1度上がると免疫力が30%上がると言います。

入院はしてしまいましたが、先生たちが驚くスピードで回復しています。

皮膚の定着もよいみたいです。

 

ここに少し役に立ったカモ?

 

 

 

現在の舌の画像

間違えてみちゃったらグロいので、下の方までひっぱっちゃいましたが、現在の舌の状態です。

入院11日目舌の状態

グロくてすいません(汗

 

まだ紫の糸(細い)と白い糸(太い)があちこちについています。

舌はクレーターの様にへこんでいます。

えぐれていると言うか・・・

これは、切ったわけじゃなくて、約10日ガーゼを押し付けた状態で縫い付けて固定していたので、その跡です。

これからしばらくしたら膨らんでくるはずです。

 

白いところは、移植した皮膚で余っている部分だったり、とにかく考えるだけで怖い部分です(XX

 

痛いか痛くないかと言えば痛いです!

特に「処置」と呼ばれる消毒の作業の後などは泣きそう・・・

日々、余った皮膚を少し切ったり、たるんできた物から糸を切ったりしています。

 

例の作業しかしない先生(勝手にJOYと呼んでいる)がまた唇をハサミで挟んだり、ピンセットのとがった部分を唇にぶつけたりしながら、なんとかかんとか作業が進められています(汗

はさみ

こんな感じでハサミの先しか見ていないから、手元の柄の部分で患者の唇を挟むんです。

いい加減痛いから明日は言おうかな。

毎日うっすら傷になってるし(怒

 

今から新しい傷を増やさないでほしい・・・

ただでも痛いので(涙

 




スポンサーリンク


こちらの記事も読んで頂いています


                          

コメントを残す