口内炎と舌癌のちがいについて

自分が「舌癌かも」とか「これって舌癌!?」と思われる方はかなり多いようです。

ヤフー知恵袋でも数万件の書き込みがありました(汗

ここに終止符を打つべく、まとめてみたいと思います。

まず、お知らせしておきたいのは、「口内炎」と「舌癌」は明確に違います。

これを見れば違いが分かるようになると思います。

画像を交えてご紹介します。

スポンサードリンク








こちらの記事も読んで頂いています。


まずは、口内炎と舌癌の見分け方です。

口内炎と舌癌の見分け方

口内炎と舌癌はまず、見た目から違います。

口内炎は、幹部が白くなることが多いですが、正常な皮膚の部分と口内炎の白い部分が明確にはっきり違いますよね。

私に口内炎ができた時の画像で見てみたらわかりやすいと思います。

口内炎の画像

左側の矢印が示す丸の中に白い部分があります。

口内炎です。

かなり大きいですね!

ちなみに、あつあつの唐揚げを食べた時にあっつあつの油がじゅーっとにくから出て、やけどの様になり、口内炎に発展しました。

 

舌癌はこちら。

患部の写真

これも私の実際の舌癌の画像です。

下の側面が白くなっています。

白板症と言えば白板症なのですが、ここが舌癌に発展しました。

 

他にも口内炎と舌癌を見分ける方法があります。

こちらのまとめていますので、ぜひご覧ください。

⇒ 口内炎と舌癌の見分け方る5つの方法

 

「もっと舌癌について知りたい」と言う方は意外に多いです。

どんなふうになるのか知りたいと思う半面、写真は意外とすくないです。

舌癌が進行すると、舌を半分、もしくは全部取らなくてはいけないようになることがあります。

その画像などはかなり恐ろしい感じです(汗

 

舌癌は最初のうちは舌の表面、皮膚にできる事が多いです。

進行するとどちらかと言うと、広がる傾向にあるようです。

ただ、ほったらかしにしておくと奥に奥に侵食していくことがあり、その場合舌の半分を失ったりしてしまうのです。

早めの検査と早めの処置で予防できます。

 

舌癌の画像をこちらにもシェアします。

⇒ 舌癌初期の画像(写真)をシェアします(口内炎との比較)

 

 

口内炎の方

さて、自分の心配の舌が口内炎だった方は、まずは安心してください。

概ね2週間程度のうちには治ると思います。

早めに治るようにその直し方をこちらにご紹介します。

 

⇒ 舌癌と間違えやすい口内炎とその治し方

 

「ケナログ」と言う薬がすごくよ」く効きます。

 

概ね1000円以内で手に入るので早めに手に入れて治してしまいましょう。

近所の薬局やドラッグストアでも売っていますが、買いに行く暇がない場合は通販が便利です。

実際に買いに行くのは結構面倒なんですよね(汗

 

 

舌癌かもしれないと思った方。

舌癌

舌癌かもしれない、と思われた方は迷わずすぐに口腔外科で専門医に診てもらいましょう。

歯医者さんを探すと口腔外科も一緒にやっていたりします。

舌癌の検査は口腔外科

 

費用も1000円~2000円程度です。

時間も30分はかからないでしょう。

待っている時間込みで。

 

なんでもなければ、心から安心できるでしょうし、問題があれば早く発見ができます。

大変なことになってしまわないうちに治療しましょう。

 

 

スポンサードリンク
                          

コメントを残す