今回の検査の費用についてもお知らせします。

今回まさに舌癌の検査をしました。

再発と思われる現象が起きていることが分かりました。

これらに対応した新たな手術が必要かもしれません。

その検査についても費用をお知らせしますね。

 

スポンサーリンク






 

一連の検査や手術に関しての具体的な費用などは、右側のメニューにある「舌癌についてよくある質問」の中の「癌治療などのお金の話」にまとめてあります。

 

今回またその項目を増やすことになってしまったわけです(汗

まずは、今後MRIを受けます。

身体を映像的に輪切りにして見れるあれです。

 

今回は具体的に癌の可能性があるので(実際に癌細胞は出た)、造影剤と言うのを使います。

癌の部位が目立つように写真に出るための薬です。

 

このためにはいくつかのチェック項目があります。

 

ペースメーカーを入れていないこと。

身体の中に金属が埋まっていないこと(骨折などで金属を埋め込んでいる場合など)

タトゥーを入れていないこと(あれって塗料の中に金属が入っています)

 

などなど。

 

私の場合、上記はすぐにOKと判断が付きましたが、腎臓が正常に機能していることもあります。

それは血液検査をするみたいです。

今回、手術のためにあまり時間がとれません。

検査結果を聞きに来たこの回で血液検査も一緒にやっていただきました。

 

検査項目

 

血圧検査でどんな項目を調べるかは素人には分かりません(汗

「腎臓が正常に機能しているか」と言う先生のわかりやすい説明を信じることにします。

 

スポンサーリンク






今回は通常の検査、抜糸、そして血液検査まで入っての金額です。

検査の費用

 

1,560円。

高いのか安いのかは、わかりませんが、感覚的には安いと思います。

 

次回のMRIが割と高いんですよね。

もう一ケタ上だったはずです。

それでも、自分の体がどんな状態なのか知る上で必要な検査です。

お金の面でケチることは出来ません。

 

ちなみに、抜糸はしてもらいました。

抜糸後の舌

 

きれいに糸はなくなりました。

手術跡は白くなっていますね。

若干気になりますが、これこそ「瘢痕(はんこん)」だと思います。

金属でいうところの溶接跡みたいなもの。

 

その後少しづつ改善されます。

たぶん。

 

今回は、とりあえずMRIの検査を再来週に受ける事だけ決めてきました。

説明には書類を渡されました。

舌癌の検査MRI

 

MRIは意外なほど込み合っていて、受けたいと言っても受けられない状態です。

特にゴールデンウィーク前と言うことで多かったのかもしれません。

 

私の場合は、問題部位はとりあえず切っているので、緊急などではないのでゴールデンウィーク明けに受けることにしました。

5月9日。

 

お昼ご飯は食べられません。

たぶん検査時間は1時間くらい。

結果を精査してもらうのに1時間半くらい。

 

この結果を元に次のステップを判断することになります。

現在病院の先生とは打ち合わせ中なので、決まり次第また更新しますね。

 

まあ、検査の結果を聞くのもハラハラしますが、検査を受けるまでも落ち着かないものです(汗

その状況にならないと人はなかなかそれを理解できません。

でも、その状況になれば多くの人が理解されることでしょう。

それはその先に命がかかっているからだと思います。

 

 




スポンサーリンク


こちらの記事も読んで頂いています


                          

コメントを残す