舌癌経験者は、がんが治ると聞いたらなんにでも飛びつく

舌癌経験者は・・・舌癌に限らず、癌経験者全般に言えますが、一度経験すると、手術して治ったとしても、その後健康系の商品に飛びつきます。

私の「癌仲間」にもそういった人が多いです。

いわば民間療法に飛びつくべきか、避けるべきか、考えてみます。

スポンサーリンク






癌経験者の傾向

治った人も、末期の人も、ある時から民間療法に飛びつきます。

「トンデモ化学」「宗教」「精神論」などいろいろな言い方があるでしょう。

私もこれらの気持ちがわかる一人と言えます。

「完全に治るなら何とかしてよ」と思うことがあります。

 

私の「癌仲間」は「ビタミン剤」だと言って、アメリカから輸入されている高価なビタミン剤を買っていました。

「フコイダン」や「クロロフィル」などもこれらに含まれると言えます。

癌に効くと言うのは果てしなくあります。

「温泉」「ミドリムシ」「ヤマブシダケ」「炭酸水素ナトリウム」・・・挙げたらきりがありません。

炭酸水素ナトリウムと癌

そういえば、川島なお美さんは「ビタミンC治療」を受けていました。

これも「病院」から言えば、治療とは言えない民間療法の一つかもしれません。

 

死につながっているので、癌経験者は何とか癌から離れたいのです。

 

日本のネットの状況

これだけのニーズがあるのだから、そういった商品を売りたい人もたくさんいます。

効くかどうかわからなくても、相手は藁にもすがりたい人たちなので、ダメ元で買うでしょう。

命がかかっていますから。

 

例えば、ミドリムシなどちゃんとした製品だと思います。

でも、癌に効くかどうかは分かりません。

 

ヤマブシダケに至っては単なるキノコです。

どこにも「癌が治る」なんて書かれていません。

 

体をアルカリ性にしたら癌が治るかどうかと言うデータもありません。

舌癌

 

それでも噂だけで、その商品を探してでも買うのです。

 

今やアフィリエイトがメジャーになってきました。

色々な商品を気軽にブログやSNSで紹介することができます。

こういった人たちは、売ることが目的になってしまっています。

知識がなくても、ネットで調べた情報でサイトを作ったりします。

ちゃんと知識がある人から見たら、明らかに間違いだと分かる情報も平気で本当のことのように書かれています。

 

2017年11月か、12月ごろ検索エンジン最大手のgoogleは、医療関係のサイトに関してロジックを変えました。

検索した結果を変えたのです。

ブログやトンデモ化学について書いているサイトの順位を下げて、病院などのサイトの順位を上げました。

このサイトも順位が大幅に下がり、月間3万人くらいの方が見てくださっていたのですが、2018年5月では5000人くらいまでに減りました。

 

まあ、ブログなので、何かを売り込んだりするサイトと同じ扱いを受けたのでしょう。

変なサイトが上位表示して、たくさんの人に見られるのならば、私のサイトも順位が下がっていいです。

気に入ってくださった方だけ見てくださればいいと思っています。

 

私としては、病院などの情報は情報で必要なのだけど、医者の言うことは難しいので、実体験に基づいてかみ砕いて分かりやすくするサイトは必要だと思っています。

あとは、癌になったことがない人の話はやっぱり信用できないと思っています。

だって、どうしても他人事じゃないですか。

私の場合は、既に舌癌と8年付き合っています。

手術も3度受けました。

私の実体験は間違いなく本物です。

 

中には出したくない情報もあるのですが、あえて出すことで新しく舌癌になってしまった人の心の支えになればいいと思っています。

「自分だけじゃない」と思ってもらえたら幸いです。

 

 




スポンサーリンク


こちらの記事も読んで頂いています


                          

コメントを残す