【舌癌と仕事】また来た!舌癌治療か!?仕事を取るか!?

舌癌経験者ならば、多かれ少なかれ迫られる選択肢があります。

「治療」か、「仕事」か、と言う選択肢です。

一度舌癌になると仕事を続けるのは難しいですよね。

理想の優先順位と現実の優先順位があるのです。

改めて考えてみました。

スポンサーリンク






「治療」か「仕事」か

普通に考えたら、「治療」か「仕事」かと問われたら、「治療」と言うでしょう。

でも、それはあくまで「理想」と言えます。

会社の経営者としては、ちょいちょい休む社員は使いにくいです。

 

でも伝えるべきは「辞めたらだめ」と言うことです。

現在、舌癌経験者が仕事をしているとしたら、その会社は辞めずに頑張ることをお勧めします。

もちろん、その会社が嫌いで嫌いでしょうがない場合は別ですが・・・

 

一度辞めると大変な選択を迫られるようになってきます。

 

新しい会社には舌癌のことを話せない

新しい会社に就職しようと思ったら、舌癌のことは話せないです。

話すと、ほぼ確実に不採用になります。(経験あり)

 

某ガン保険の会社では「ガンを経験しているからこそ、本当に重要さを説明することができます」と前向きに言ってみたのですが、癌経験者と言うことが分かったら比較的すぐに不採用の通知がきました。

会社に秘密にしないと就職できない。

就職したら、入社から6か月間は有給がない(ところがおおい)ので、検査もいけない。

(検査は平日しか受けられないので)

 

普段は特に問題なく働けるので、社会的な補償などはありません。

生きていくには働かないと。

働くためには、仕事を取らないと。

 

それでも、会社勤めをしていると検査や治療に行きにくいです。

ここにジレンマがあるのです。

 

今回、ちょっと物入りで、某企業で働きたいと思っています。

でも、舌癌については秘密です。

「どうせ長く働けないだろう」と思いつつ働きます。

 

今まさに治療か仕事か

前回までの更新でお知らせしましたが、医者から手術を勧められています。

舌癌の再々々発ではないのですが、上皮異形成(シビア)です。

舌癌の一歩手前です。

 

手術をしたら癌細胞が見つかる可能性もある状態です。

 

そうは言いながら、ここ数日は少し調子がいいので、もう一度検査してもらって手術を見送ろうと思っています。

そして、7月から某企業で働こうかと。

 

舌癌になると色々難しいです。

いよいよ悪くなったら、また約1か月くらい入院する必要が出てくるので、辞めることになるでしょう・・・

 

現在働いている場合は、退院後もできるだけ辞めないで頑張ることをお勧めします。

 




スポンサーリンク


こちらの記事も読んで頂いています


                          

コメントを残す