【舌癌の疑い】処方されたうがい薬を使い続けた結果

前回の再々々検査で「状態が良くない」と言われました。

舌癌は既に3度手術を受けています。

また問題が発生してしまうと、4度目の手術が待っています。

再発なのか、単に荒れているだけか、処方されたうがい薬で分かると言うのです。

 

スポンサーリンク






 

前回の検査の結果とうがい薬の処方

前回の検査結果としては、「荒れている」、「状態が良くない」と言うことでした。

5月7日のことです。

次回の検査は、5月21日。

約2週間の時間があります。

 

現在この状態になりました。

口の中の状態と舌癌

まだ少しピンク色で他の部分と色が違うのが分かります。

 

5月7日はこれです。

口の中の状態

この部分が赤い状態です。

なんかあれている状態でした。

 

思えば、検査の前日に友達と串カツを食べに行きました。

熱いままを食べるので口の中があれていたのかもしれません。

そう思いたい。

串カツと舌癌

 

 

処方された薬はこれです。

舌癌とケナコルト

「ケナコルト」と言う薬みたいです。

ただ、写真は蒸留水です。

そこに適量溶かした状態で渡されたのだと思います。

 

約2週間、たまにはさぼりましたが、1日4回うがいしたらこのくらいまで減っています。

舌癌とうがい薬

 

口の中の状態

確かに、2週間前は痛かったです。

舌を引っ張られたら痛かったし、ガーゼで舌をこするだけで血が出る感じです。

今は・・・怖いので何もしていません。

 

医者が気にしていた赤いところは、今日もまだ赤いです。

次回の検査の時も調子が良くないときは、この部分を切って生体検査する必要が出てくるのです・・・

その検査結果で、よくない状態だったら、ついに4度目の手術・・・と言うわけです。

 

過去3回は、約3年ごとに手術、手術、できましたが、今回はまだ最後の手術から2年弱です。

間隔が短くなっている・・・

何でもないことを祈るばかりです。

 

まあ、できることはうがいくらいです。

 




スポンサーリンク


こちらの記事も読んで頂いています


                          

コメントを残す