【舌癌の疑い】無くなった白い線と新たな問題とは

前回の検査で、再度検査を受けるように言われた私。

問題は「舌に浮かび出ている白い線」です。

これがどんな問題を抱えているのかと、また新しい問題に気づいてしまったのでお知らせします。

 

スポンサーリンク






 

舌に浮かび出ている白い線

舌に浮かび出ている白い線ですが、まずはその線がこちらです。

舌の白い線

 

同じ年の4月16日時点ではありました。

舌癌の検査結果

 

これは4月頭の検査の時はなかったみたいです。

口の中が荒れている

 

これが「白板症」かもしれないというのが再々検査の理由です。

白板症とは、そこから舌癌になるかもしれないという、「前癌病変」なのです。

ただ、その時のお医者さんの話では、今回のものは、傷(荒れていた部分)の淵ではないか、とのこと。

 

要するにかさぶた的なものが残っている、と。

前回の口の中の写真を見せられて、確かに位置的にそうだと思ったのです。

そして、同じ年の4月30日。

舌の白い線が消えた

白い線がなくなりました。

やっぱりかさぶた的なものだったようです。

影も形もなくなりました。

 

昨日まであったのですが、ポロリと取れた感じで取れました。

白い線問題については、解決と考えてよさそうです。

 

出現したもう一つの問題

一つの問題が解決して、ほっと胸をなでおろしたのですが、今回新しい問題に気づきました。

 

それがこれです。

舌の側面があれている

画像だと映りにくいのですが、舌の側面の1.5cmくらいの範囲で荒れているのです。

 

そして、それは昨日今日荒れたのではないと思っています。

ためしに、4月29日からケナログをぬってかなり時間をおいてみました。

 

いつもなら、1時間~2時間置いておくとずいぶん違うものです。

ところが、全く変わらない。

 

次の検査は5月7日を予定しています。

それまでに、これも治ってくれないと困りそうです。

 

色もあんまり変わらないし、見た目ではほとんど分かりません。

以前手術を受けた舌の反対面です。

こちらで言わないと多分医者も気づかないでしょう。

 

医者に「問題ない」と言わせることは可能だと思っているのですが、医者が何と言おうと舌癌になったら、確実に進行してしまいます。

むしろ具合がよくないと思ったら、自分から医者に伝えないといけません。

 

その前に、「なんでもなかったです」と言えるように治ってもらわないと・・・

 

 

飲み会がある

世の中はゴールデンウィークです。

少ないですが、飲み会があります。

 

しかも、今回は「串カツ」のお店に行こうとしています。

串カツと舌癌

もちろん、食べたらいけないものを指示されているわけではありません。

何でも食べていいのです。

 

何でも食べていいのだけれど、私の場合ある「弱点」がありました。

それは、「熱いままに冷まさず食べてしまう」と言う点です。

 

普通の食べ物ならば、問題ないでしょうが、串カツと言えば、油で揚げて、揚げたてを食べる料理です。

揚げたての串カツと舌癌

普通は、十分冷ましてから食べるでしょう。

そうでないと、口の中は確実にやけどです。

 

私の場合、落ち着きがないのか、熱々のまま、ハフハフ言いながら食べてしまうのです。

今は、この弱点を自覚しているので、冷ましてから食べるようにしています。

 

それでもお酒が入ったら・・・

十分注意して食べたいと思います。

こうして、一つ一つ問題が起こらないようにしていけば、徐々に改善していくのではないかと思っています。

 

今日の時点は、舌を引っ張っても痛くない状態です。

ただ、荒れている部分は少し痛かゆいような状態です。

 

引き続きチェックしていきたいと思います。

 




スポンサーリンク


こちらの記事も読んで頂いています


                          

コメントを残す