【舌癌の疑い】2週間で舌癌か分かる状態の6日目【画像付き】

前回の舌癌の定期検査で、触診の時に口の中が荒れているのを指摘されました。

やけどなのか?舌癌再発なのか?

2週間をめどに判断しましょう、と言われました。

あれから6日経過した状態を画像で公開します。

同様に悩んでいる方の参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク






こちらの記事も読んで頂いています


 

これまでの経緯

これまでに3年おきに舌癌の手術を受けてきました。

もう3回も手術しています。

病院と舌癌

 

ずっと治っていないのではなく、3年ごとくらいに「再発」しているのです。

状況としてはよくないと言えます。

 

最後に手術を受けたのが、2017年8月ごろ。

もう1年8か月か、9か月経過しています。

 

3か月くらいに1度の割合で検査を受けています。

MRIがあったり、エコーがあったり、するのですが、毎回触診があります。

 

触診とは、先生が口の中を見たり、触ったり、して異常がないかの検査です。

前回の検査で、口の中が荒れていると指摘されました。

 

やけどなのか?

再発なのか?

再発だとしたら、今度は下ではなさそうなので、舌癌ではなく、口腔ガンになるのか?

 

ここ数日の写真を並べて様子を見てみます。

前回の検査からの口の中の様子【画像あり】

口の中をやけどしても口の中は荒れます。

揚げたての唐揚げを食べた時に、口の中がベローンってなるあれです。

 

それでも、通常ならば口の中は、1週間~2週間くらいしたら治るものです。

そこで、軟膏(ケナログ)を処方してもらって、1日3回程度ぬって、2週間後に治るかどうかで判断することになっています。

 

検査を受けた初日(「荒れている」と指摘されたの状態)の画像がこちらです。

口の中が荒れている

赤いと言えば、赤いです。

画像ではちょっとわかりにくいですが、何もしなくても痛いのと、舌をひぱったらかなり痛くなる状態でした。

先生が幹部を触ると血が出てきていました。

かなりヤバい状態です。

以前、手術前に「細胞が表皮異形成です」と言われたころの状態に似ています。

 

通常細胞とはきれいに並んでいるものです。

図解するとこんなです。

上皮異形成の画像

 

4日後の様子はこんな。

ケナログの成果と舌癌の疑い

なんか色が周囲と違うので違和感がありますよね。

こんなもんですよ。

癌って。

本人はそれほど重要に感じてないのです。

いきゃから言われるまでは。

 

以前の画像から3日後の様子です。

舌癌かやけどの様子

少し赤みが落ち着いたかな?

単に光の加減かもしれません。

 

処方されている軟膏って、ケナログです。

口内炎の薬ケナログ

病院でもらったものと、通販で買ったもので、ちょっと違いますね。

ケナログとケナログA。

どっちがどっちか正直忘れました・・・

 

1日3回くらいぬってます。

その後、1時間くらい放置しています。

 

次回の検査は、4月16日・・・もうちょっと良くなるかなぁ。

 




スポンサーリンク


こちらの記事も読んで頂いています


                          

コメントを残す