【舌癌の検査】舌癌かもと思ったら、病院は何科にかかればいいのか?

テレビなどで見て、「自分が舌癌かも!?」と思ったことがないでしょうか?

そんな時すごく不安になってしまいます。

その理由は簡単です。

 

スポンサーリンク






 

舌癌と言うのはとても発症確率が低い病気で、あまり周囲に情報がありません。

そんな情報がないような病気かも、と思った時、知らないことなので、人は不安になるのです。

最低限のことを知っておけば、全然怖くないので、もし今舌癌かも、と不安に思っておられるようならば、少しだけ読み進めてみてください。

傷跡

ちなみに、上の画像は3度目の舌癌の再発の図です。

白い丸の部分がそうでした。

 

ちょっと茶色い部分な、以前の手術で植皮したところなので、舌癌ではありません。

 

舌癌は何科にかかればいいのか

もし、舌癌だったら、かかる科は、「口腔外科(こうくうげか)」です。

その名の通り、口の中専用の外科です。

 

耳鼻咽喉科と言う方もおられます。

たしかに、一部の耳鼻咽喉科で舌癌を見ている場合がありますが、耳鼻咽喉科は基本的に、その文字の通り耳と鼻とのどの専門家です。

舌癌は舌の癌なので、厳密には口腔外科が守備範囲です。

 

口腔外科なんか、どこに行ったらいいのか・・・と思われるかもしれませんが、普通の歯医者さんをよく見たら、口腔外科も看板をあげていることがあります。

最寄りの歯医者さんをチェックしてみましょう。

舌癌の検査は口腔外科

 

舌癌と口内炎は違うのか

単に「舌が痛い」と言う場合、ほとんどの場合が「口内炎」だと思われます。

舌先の粒々が腫れて痛い

口内炎の場合は、薬があるので、塗っておけば1週間~2週間もあれば治ってしまいます。


「ケナログ」と言います。

近所のドラッグストアでも1000円以下で売られています。

ドラッグストアに行く暇がない場合は、通販で買ってもいいでしょう。

 

→ 楽天でケナログを買う

 

ところが、3週間も4週間も痛いのが治らない場合は、口腔外科に一度見てもらいましょう。

初診料を含めても2000円はかからないはずです。

痛い検査などもありません。

時間も多分30分程度です。

 

どうなったら舌癌なのか

舌癌とは、舌の細胞が癌化することです。

癌になってしまうと、通常ならば治る傷が治りません。

 

人間の自動修復能力が壊れてしまっているのです。

口内炎の様な小さな痛みでも、続くようならば一度口腔外科で見てもらいましょう。

舌癌患部

 

舌癌になったらどうなるのか

「舌癌になったらどうなるのか」ですが、最も悪い状況と言えば舌を失います。

当然しゃべることができなくなります。

また、舌やのどは、消化器や肺にも近いため、転移することがあります。

 

舌癌はそれ自体も当然怖いのですが、転移したら肺がんなども誘発します。

その際の病名は「肺がん」になってしまうため、舌癌は癌の間ではマイナーなのかもしれません。

全てのがんになる人のたった5%しかないのだとか。

 




スポンサーリンク


こちらの記事も読んで頂いています


                          

コメントを残す