【舌癌と転職】舌癌になると転職がしにくい理由とは

舌癌になると、転職がしにくくなります。

いくつか理由があるのですが、いくつかあるので、転職には難色を示してしまうでしょう。

その理由と内容をお知らせします。

 

スポンサードリンク








こちらの記事も読んで頂いています。


 

舌癌になってしまうと、病気であることもデメリットなのですが、手術を終えても、すぐには元の生活には戻れません。

「検査」があります。

舌癌検査で行った病院

退院後すぐは、2週間に1度。

しばらくしても1か月に1度程度。

1年が経過したころからやっと2~3か月に1度に間隔が広がってきます。

 

私の場合、2016年8月に手術を受けていますので、あと2か月程度で1年となります。

エコー検査とMRIの検査を何度も受けています(汗

入社後半年検査に行けない

通常の会社は入社したら、有給が10日もらえるまでは半年かります。

これは法律で決まっているので、6か月後に有休を10日付与するようになっているのです。

 

ところが、会社によっては、法律以上の待遇のところがあります。

入社後すぐに3日の有給が付与されたり、10日付与されていたりする会社があります。

舌癌の検査の邪魔もの、それは仕事

それは「いい会社」です。

普通の会社は入社後半年間は有休がないので、休みが取りにくいです。

 

つまり、検査にはいきにくくなってしまいます。

行くとしたら、「欠勤」です。

給料の出ない休みです。

会社によってはペナルティがあり、給料から引かれる場合もあります。

皆勤手当てがなくなる場合もあります。

 

健康診断

入社手続きの時に、必ずあるのが「健康診断」です。

普通は身長や体重を調べるくらいです。

ちょっといい会社ならば、血液検査もあるかもしれません。

 

問題なのは、「問診」です。

「過去に大きな病気をしたことがありますか?」

この問いに答える必要があります。

点滴がつながっている

入社した後ならば、まだいいのですが、入社前に健康診断がある会社があります。

保険会社などはそうです。

 

入社後だったとしても、「舌癌」と書くと、どの程度だったの、とか聞かれます。

相手が医者の場合、ごまかしは効きません。

舌癌は医者の間でも専門医しか詳しくありません。

漠然としか知らないから質が悪いのです。

 

変な風に会社に伝わると良くないことが起きそうな予感です。

嘘をつかないといけなくなってしまうのは、少し嫌です。

こういった理由でも転職はしにくくなります。

 

嘘をつかなければならない

入院していたら、その体験から得ることもあります。

死ぬ思いをしたからこそ気付ける「危機感」もあります。

点滴スタンド

しかし、そういった経験に基づいた話をする場合は、舌癌の話をする必要が出てきます。

その部分を濁して話すと言うことは、少なからず嘘をつくと言うことになります。

 

「話さない」と言うのも間接的に嘘と言うことになります。

やっぱり嫌ですよね。

 

同じ体験をした人しか理解してもらいにくいかもしれません。

 

スポンサードリンク
                          

コメントを残す