舌癌ブログを見ると転移経験者のサイトがヤバい

舌癌の経験者ってにほんにどれくらいいるのでしょう?

癌になる人は、全国民の1/2です。

癌で死ぬ人は、全国民の1/3と言います。

そのような国からのデータがあります。

その中で、舌癌の人ってどれくらいいるのでしょうか?

舌癌になってしまったら、自分がどうなってしまうのか知る方法は少ないです。

このサイトがお役に立てたら幸いです。

 

スポンサーリンク






 

日本における舌癌の患者数

日本における舌癌の患者数のデータはあまりありません。

と、言うのもマイノリティー(少数派)だからです。

癌と言えば、脂肪率の高いものから、お知らせするとこちらです。

 

  • 肺がん(19.7%)
  • 胃がん(13.9%)
  • 大腸がん(12.8%)
  • 肝がん(8.9%)
  • 膵がん(すいがん)(8.1%)
  • 乳がん(3.6%)

 

舌癌は「その他」の中に含まれていて、単独のデータはほとんどありません。

厳密に言えば、どこかにあるのでしょうが、発表されるほどメジャーではありません。

 

うろ覚えですが、舌癌になる人は、癌になる人の5%以下です。

日本人が1億2000万人いるとして、癌になる人が1/2なので、6000万人。

そのうちの5%と考えると、300万人。

かなりの数に思えます。

 

ただ、舌癌が原因で死ぬ方はかなり少ないです。

なぜなら、転移して肺がんになったり、膵がんになった場合、志望理由は肺がんであり、膵がんになるからです。

過去のデータが少ない

舌癌ブログの数

さて、他のがんに比べて人数が少ない舌癌ですが、レビューは驚くほど少ないです。

「舌癌」と言うキーワードで調べると、たくさんの情報が出てくるのですが、主に病院の情報です。

舌癌情報は難しい言葉で紹介されているので、あまり一般的ではありません。

 

例えば「口腔底(こうくうてい)」などは、お医者さんの間では当たり前の言葉ですが、我々患者側からしたら、舌癌にならなかったら、まず口にすることがなかった言葉です。

ちなみに、口腔低は、舌の付け根と歯の間付け根の部分です。

 

そこで、「舌癌 ブログ」で検索しています。

個人が情報を発信しているサイトが見たいと思ったのです。

ゴールデンウィークの病院

「舌癌 ブログ」などで検索しても35万サイトくらいしか出てきません。

これは、サイトとしては少ない方です。

ちなみに、「肺がん ブログ」だと55万サイトあります。

 

35万サイトなんて言うと情報はたくさんありそうですが、そのほとんどが1ページとか2ページとかしかありません。

すぐに飽きてしまって、その後更新されないものです。

舌癌のブログに限りませんが、ブログとは元々そういったものです。

 

舌癌になった方のブログを読み漁っていくと、更新数が多いブログもあります。

舌癌の情報「も」あるけれど、遠出した情報や、食べた食事の情報なども多く、舌癌についての記事は全体の10%未満・・・

意外と他人の情報を得ることは難しいようです。

 

見ている人としては、別にその人の病状が知りたいわけではありません。

「自分がこれからどうなってしまうのか」と言うのを、自分よりも病状が進行している人を見ながら勉強しているようなものです。

そこで、その人の成功を真似して、失敗は事前に知って自分は失敗しない・・・そんな感じだと思います。

 

そこで、私は自分の情報は「舌癌の情報だけ」公開するようにしました。

幸か不幸か毎月検査があるので、情報には事欠きません(汗

しかも、ある程度定期的に手術をする羽目になっています。

 

ここで、私の略歴、これまでの舌癌との闘いの記録をお知らせします。

 

私の略歴

2010年8月 舌癌(初期ステージ0)発覚、10月に1度目の手術

2013年7月 再手術 定期検査で再発が発覚

2016年8月 再々手術(ステージⅠ) 定期検査で再発が発覚

検査・治療中←いまここ

 

現在は、3度目の手術を終えて、月に1度比較的大きな検査を続けている最中です。

薬などは特に飲んでおらず、食べ物などの制限もありません。

舌癌で味覚障害が起きたら楽しめない焼肉

舌癌には多いのですが、いずれも舌の側面の手術だったので、しゃべれますし、言葉が聞き取りにくいと言うのも特にないようです。

自分が話さない限り、舌癌の手術を受けたと思う方はおられないようです。

 

手術はいずれも同じ場所を手術しました。

まさに再発です。

 

印象に残った舌癌ブログ

「舌癌 ブログ」と言うキーワードで検索したとき、1位からずっと見ていくと印象的なブログがいくつかあります。

 

サイト名は忘れてしまいましたが、毎回印象的なイラストを併せて更新されているサイトです。

雑誌などでも取り上げられていたので、有名なサイトになったのでしょうが、検索エンジンからは消えてしまいました。

私もまねしてイラストを描こうと思ったのですが、すぐに挫折しましたorz

 

最も印象深いサイトはこちらです。

舌がん治療日記~ステージ1⇒4A~ – アメーバブログ

 

ステージ1で舌癌が見つかって、みるみる悪くなっていっています。

最後の方では、完治できない状態になり、ご自身の心境が赤裸々につづられています。

 

2015年12月に亡くなられたようです。

最後はご家族の方が一言だけ更新されている状態です。

 

このサイトは、2015年から約2年更新されないままに常に上位に表示されています。

落ちたとしても、2位か3位。

それくらい人が惹きつけられるサイトなのかもしれません。

 

私も上位10位の方のサイトを全部見ていますが、舌癌になったのはどうも私が一番早いようです。

そして、病状は一番安定している方みたいで、まず転移がありません。

 

リンパ節に転移した方がおられますが、こうなると、この瞬間から全身のどこに転移するか分からなくなるので死亡率が格段に上がります。

ステージで言うと3です。

 

私の場合、外科手術(メスでの切除)は3度もやっていますが、抗癌剤治療や、放射線治療を経験していません。

サイトのネタとしては少なくなってしまいますが、病気は進行しない方がいいに決まっています。

幸いに思うことにします。

 

「経過観察」(要するに、様子見)が続いていますが、その間、病院の先生による触診や目視による検査を継続しています。

5年間再発や進行がなければ、一区切りと考えていますが、残念なことに2010年から約3年おきに再発⇒再手術を繰り返しています。

 

最後の手術からまだ1年経過していません。

最低でもあと5年間は、当サイトは続きます。

どうぞお付き合いください。

現在自分が舌癌かもしれないと思っている方、実際に舌癌になってしまった方の情報ページになったら幸いです。

 




スポンサーリンク


こちらの記事も読んで頂いています


                          

コメントを残す