【舌癌検査】MRI検査を受けた時の時間と費用

1月からいつ行く、いつ仕事を休むと延び延びになっていたMRI検査を受けました。

もう4月です。

のびのびです(汗

どのくらいの費用と、検査時間が必要なのかお知らせします。

 

スポンサードリンク








こちらの記事も読んで頂いています。


 

MRI検査の準備

MRI検査を受けるとなると事前に準備が必要です。

それが、血液検査と、同意書の記入です。

 

MRI検査を受ける最低でも3か月前に血液検査を受ける必要があります。

出来るだけ1か月以内の方がいいそうです。

今日受けると言っていきなりMRI検査を受けるような緊急のMRIを受けるようなことがあったら、よほどと言うことになります。

血液検査で問題ないことを確認した上で、血圧の検査もあります。

 

さらに、点滴や造影剤があるので、同意書を書く必要があります。

この同意書の中には、ペースメーカーを入れていない、人工内耳がない、体内に金属がない、刺青がない、鍼治療で起き鍼がない、閉所恐怖症がない、妊娠の可能性、などを聞かれます。

 

多くの場合、普通に検査を受けられるのですが、昔の傷がうずく人や鉛弾が入った人はダメってことです。

タトゥーもダメです。

 

 

MRI検査の時間

MRIの検査を受けるとなると、体操着のようなものに着替えさせられます。

スマホも財布も鍵もロッカーに置いておきます。

そこから約1時間・・・

MRI

ひたすら横になって待っているだけです。

 

このドーナツの穴の中に1時間いるんです。

細いベッドに固定されたまま・・・

あとは、点滴をされます。

造影剤を入れるみたいです。

造影剤と舌癌

造影剤とは、撮影したときに映りやすくする薬です。

イメージ的には絵具です。

透明な水では撮影が難しいので、絵の具を溶いて撮影するみたいな。

 

血が出るみたいで、しっかり絆創膏を貼られてしまいました。

舌癌と絆創膏

あと、検査のために部屋を暖かくしてくれていたのだろうけど、暑かった。

暑かった。

汗かいた。

 

ベッドには頭も固定されます。

検査中はなんか音がするのですが、これがうるさい!

骨振動で伝わっていると言うことで、他人には聞こえないのだそうです。

あんなにうるさいのに・・・

 

あと、何もしなくて1時間は長い!

途中何度か寝ました(^^;

自分のいびきが聞こえたし(汗

 

その他の検査

血液検査もあるのですが、MRIの後に、血圧を測定します。

10分おきに3度も。

最初は血圧が高いと言います。

 

そりゃあそうでしょう。

MRIの検査を受けてから、触診の場所まで歩いてきたわけですし、1階から2階まで階段を上ってきたわけです。

これで血圧が上がらない訳がない。

 

要するにMRIの検査を受けて、問題がなかったか確認しているようです。

 

その他、舌の画像を撮影したりしました。

記録映像みたいです。

2人がかりで口を開けて、1人が撮影するような、3人がかりの作業です。

 

MRI検査の費用

MRI検査を受けるとこれくらいの費用がかかります。

舌癌検査の費用

結構しますね。

分かっているので、ある程度事前にお金を持っていくか、クレジットカードを持っておくしかありませんね。

 

次回は、エコー検査あるそうで。

また平日に行くしかないようです。

 

舌癌の検査とサラリーマンは相性が良くないですね・・・

さて、次はなんて言って会社を休もうか・・・

スポンサードリンク
                          

コメントを残す