【検証!】重曹で口の中は中和され、舌癌予防になるか!?

先日、予防医学の先生から重曹でうがいしたら口の中が中性になって、舌癌の予防になると言うのです。

本当にそんなことがあるのかどうか、調べてみました。

スポンサーリンク






癌は酸性、アルカリ性になると生きられない

癌について調べると、酸性なのだそうです。

そして、アルカリ性になると癌は死滅すると言います。

ただ、情報源が怪しい感じです。

アルカリ性だと癌は生きられない

 

「癌 アルカリ性」などと調べると、必ず「Dr.レオナード・コールドウェル」と言う先生にたどり着きます。

逆に言うと、この先生しかいません。

重曹を使うとすべてのがんが治る、と言っているようです。

 

ちょっと訝しい・・・

でも、日本の再生医療の先生も重曹がいい、と言っていました。

これは試してみるしかありません。

 

ph試験紙を買ってみた

酸性、アルカリ性を調べると言ったら、リトマス試験紙です。

ところが、リトマス試験紙は赤と青の紙があって、酸性の時、アルカリ性の時、それぞれ赤と青に変わってphをしめして、アルカリ性の時は青い紙は青いままです。

 

・・・めんどくさい。

 

ph試験紙を手に入れました。

ph試験紙

 

酸性、アルカリ性によって色が変わるので、比較表と比べて酸性、アルカリ性が分かるようになっています。

ph試験紙で酸性アルカリ性を調べる

 

ph試験紙とはこんなものです。

ph試験紙とはこんなもの

 

ph試験紙は楽天市場で見つけました。

 

一枚とって、口にくわえました。

何でもないときの、口の中の酸性、アルカリ性はどうなのか!?

ph試験紙をくわえて口の中のphを調べる

 

結果はどうなのか。

ph試験紙はすぐに色が変わるので、すぐに調べられます。

結果はすぐに出る

 

比較表と比べてみると・・・ph7くらいですかね。

比較してみると結果が分かる

 

ph7ってどれくらいでしょうか。

酸、アルカリ 酸性 中性 アルカリ性
数値 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14
目安 塩酸 食酢

クエン酸

水道水 水道水 水道水

重曹

セスキ炭酸ソーダ 炭酸ナトリウム 水酸化ナトリウム

 

7っていうと思いっきり中性です。

酸性ではありませんでした。

 

6.0~8.0は中性なのです。

 

スポンサーリンク






うがいをした後のphの変化

それでは、重曹を使ってうがいをした後のphを調べてみます。

まずは、うがい。

重曹用の計量スプーン

 

うがいをしたとの結果はこちら。

重曹でうがいをした後のph

こんどはph8でしょうか。

ph7⇒ph8になったと言えます。

アルカリ性寄りになりました。

 

食後のphについて調べた

つぎは、食事です。

食事をしたら口の中はphはどうなるのか?

 

とりあえず、お弁当を食べてみました。

食後の口の中のphを調査

 

スーパーで買ってきた普通のお弁当を食べて、10分経過したところで口の中のphを調べてみました。

食後のphを調べた

phは7・・・8ですね。

それほど変化はない感じです。

 

ところが、うがいをしたときは、phが変わったのは明らかのようです。

中性の中でもアルカリ寄りになったようです。

 

最近、口の中で荒れている部分がありました。

色もまばらで、あきらかによくないかんじでした。

表面は荒れて少し痛かった状態です。

これが重曹うがいを始めて数日で良くなりました。

荒れた部位が治った

 

しばらく重曹うがいを続けてみたいと思います。

結果はどうなのか・・・

次の診察の時に、癌とphの関係について病院の先生にも聞いてみたいと思います。

 




スポンサーリンク


こちらの記事も読んで頂いています


                          

コメントを残す