【舌癌手術後39日目】エコー検査の結果と抗癌剤治療

舌癌の手術を終えて、39日が経過しました。

手術後37日の日は病院に検査に行きました。

この日はエコー検査と触診検査の日です。

その結果は・・・

 

スポンサーリンク






こちらの記事も読んで頂いています


 

エコー検査の結果

エコー検査の結果は全く問題なしでした!

良かったです(^^

エコー検査に引っかかったときは、首などに転移があるときか、首周辺に何かが起こってリンパ節などが腫れるときです。

いずれにしても、かなり良くないときなので、こちらの検査では引っかかりたくないところです。

エコー検査

 

検査を受けているときは、ベッドに横になっているだけなので楽なのですが、結果はドキドキします。

 

触診検査

触診検査も良好みたいです。

首の周りを触ったりして、しこりのようなものがないかチェックもします。

これはこのしこりが癌というわけではなく、何かあるとリンパ節が腫れるらしいです。

それを触ってチェックしているのだとか。

 

そのほかと言えば、口の中を見て、触って検査します。

皮膚の固まり具合なども触って検査します。

手術後1か月も経過すると結構普通に戻ってきます。

ただ、術後は皮膚が固くなるそうで、舌のリハビリを忘れないようにしないといけません。

手術後37日目の舌の様子

 

抗癌剤治療

抗癌剤治療について改めて説明を聞きました。

抗癌剤治療の目的は癌の予防ということでした。

 

要するに、手術で大体は取ったはず。

でも、今回手術した部位以外に小さな癌があるかもしれない。(ないかもしれない。)

だから、全体的にたたくことができる抗癌剤を使って、新しく成長する(かもしれない)癌をたたく。

こんな感じです。

 

当初もらったパンフレットだと、ほとんどの人が1か月か、長くて2か月くらいの治療だとあったのですが、抗癌剤治療の期間は1年間!

長い!

テレビのドラマで見るような、髪の毛が抜けたり、吐き気や、免疫力低下があり得ます。

抗癌剤は人に合うかどうかはやってみないとわからないのです。

 

2週間抗癌剤を飲み続けて、1週間休み。2週間抗癌剤を飲み続けて、1週休み。

基本的にこの繰り返しらしいです。

抗癌剤の量によって治療費も変わるそうで、高い時だと3,600円/回くらいかかる、と。

前回のパンフレットと内容が違います。

 

つまり、1か月のうちで、3週間使うことがあるのです。

この時は、3割負担で7万円を超えます。

かなり大変です。

 

基本的に日常生活はそのまま遅れるそうですが、副作用が激しい場合は入院の可能性もあります。

結構大ごとになってきました(汗

 

1年間という理由は特になく、1年間やって効果がなければそれ以上ないだろう、という先生の判断です。

舌癌に対する調査結果やデータがそれほど多くないため、期間や飲み方など色々変わるようです。

人が舌癌にならないのが一番ですが、データが少ないのも困りものです。

 

受けるべきか、受けないべきか、最終判断を次の検査の時、10月26日にすることになりました。

体力の問題、お金の問題、気持ちの問題、いろいろありそうです。

 

次回は、抗癌剤について先生に根掘り葉掘り聞いたので、その回答をお知らせしたいと思います。

 




スポンサーリンク


こちらの記事も読んで頂いています


                          

コメントを残す