【舌癌手術後24日】抗がん剤について考えました

舌癌手術を受けてから24日・・・

退院もして画像診断の結果も出ました。

癌細胞が出たというのが結論です。

先生からは抗癌剤を案内されました。

 

スポンサーリンク






こちらの記事も読んで頂いています


 

公開はしたくない

小林麻央さんのブログが話題になっています。

「あの時に○○しておけば・・・」みたいなことも結構書かれています。

何度か見ましたが、見なくてもメディアが伝えてくれます(汗

 

治療を受けるときに「これくらいでいいだろう」というのはないです。

できることは全部やっておきたい。

だけど、蛇足という言葉があるようにやらなくていいことをやるのは違うと思います。

その判断は患者本人しかできないのです。

そして、正解というものもないのでしょう。

 

抗がん剤の副作用について

人は知らないものに対して恐怖を持ちます。

「知る」ことが一番の対処法だと思います。

 

抗癌剤の名前は「TS1(ティーエスワン)」。

 

抗がん剤の費用は月に2万円くらいということなので、他の何十万円もかかるものに比べたらハードルは低いといえます。

期間も6週間で1コース。

ほとんどの人が、1コースか2コースで、最大で4コース。

入院が要らない抗がん剤なので、期間もそれほど障害ではありません。

 

一番の障害といえるのは副作用

錠剤で入院不要で飲める抗癌剤といえども、抗癌剤は抗癌剤。

副作用はあるというのです。

抗がん剤の副作用

 

飲み始めの副作用

肝機能障害が始まるそうです。

それに関係して、吐き気が出ることがあるそうです。

 

抗癌剤って簡単に言ったら「毒」です。

癌細胞はもちろん、正常な細胞も含めてやっつけていくんです。

 

飲み始めから肝臓やられて吐き気がするっていうのもちょっとハードルが高いです。

 

1週目の副作用

白血球が減少するみたいです。

 

それに伴って食欲不振。

口内炎。

発疹が出始めます。

 

なんか本格的な抗癌剤の副作用って感じです。

 

2週目の副作用

ヘモグロビンが減少して貧血を起こし始める。

血小板減少

 

下痢

色素沈着

 

結構本格的です・・・

ヘモグロビンの減少ってことは、ヘモグロビンも壊れていく感じですね。

血小板も壊される、と。

完全に免疫力が下がってるでしょうね。

 

3週目の副作用

涙がでる

 

なんで!?

どこがどうなったら涙が出やすくなるのでしょうか!?

 

副作用は全員が全員に起きるわけではないようです。

各症状ごとに10人中何人くらいに副作用が発言するのかパンフレットでは教えてくれています。

副作用の発現率

 

ところが、「舌癌」の場合がありません。

マイナーな癌だからかな・・・

それともまだ治験の段階だったりして・・・

 

これだけの情報だと今の段階では抗癌剤は受けたくないなぁと・・・

でも、最後のほうにあるイラストがずるいです。

抗癌剤の効果

 

右側のほう、ちょっと癌細胞があると増えていくよ、と。

これいやだなぁ・・・

抗癌剤治療を受けるかどうか、2週間後の10月6日に回答することになっています。

まだまだ悩む感じです。

 

受けたくない。

受けなくても大丈夫そう。

でも、万が一のことを考えると・・・

その繰り返しです。

ブログならでは、という感じです。

リアルタイムにガチで悩んでいます。

 

コメントいただければ嬉しいです。↓




スポンサーリンク


こちらの記事も読んで頂いています


                          

コメントを残す