舌癌手術後16日割と普通にしゃべれるようになりました

舌癌の手術を受けたのが、8月31日。

あれから16日が経過しました。

割と普通にしゃべることができるようになりました。

現状をお知らせします。

 

スポンサーリンク






 

舌の様子

驚いたことに、以前よりも舌が自然なピンク色です。

これはどういうことかと言うと、これまで私は舌癌手術を3回受けました。

2回目には皮膚が足りないので、お腹の皮を切ってきて、舌に移植する植皮術を受けています。

 

このお腹の皮の色がちょっと白いと言うか、茶色いと言うか、とにかく舌と違う色だったのです。

画像で見たら一目瞭然ですよね。

歯の跡がくっきり

こんな感じです。

 

毎度毎度おっさんの口の中を披露してすいません(汗

文章でいくら説明されるよりも、画像で見たら一発です。

 

話は戻りますが、今回の植皮後の舌の色です。

手術後16日の口の様子

 

なんか白いのがありますが、これはどうも植皮したあまりみたいです。

ぴらぴらしているのですが、取れません。

引っ張るととれるかもしれませんが、怖いのでそっとしています。

 

問題は庫の白いのではなく、その周辺です。

ピンク色でしょう!?

少なくとも以前の色とは明らかに違います。

 

医療技術の向上なのか、先生の腕が良かったのか、そのあたりは分かりません。

ちなみに、執刀医は前回と今回で違う先生です。

 

 

ちなみに、多くの舌癌は舌の奥に進むのではなく、表面に広がる傾向があるようです。

私の手術も範囲は広いのですが、深さで言うと5mmくらいしか皮膚を切っていません。

 

舌が動かせるか

舌はまあまあ動かせます。

ただ、また痛い時があるのであまり無理な動きはしていません。

 

例えば、自分の奥歯を舐めるなどは簡単なことだと思います。

1度目の手術の時はこれができるようになるのに半年から1年くらいかかりました。

私の場合、舌の左側を手術していますので、左側が伸びる動きは多分できそうです。

ただ、縮めることは難しそうです。

左側の奥歯を舐めるような動きですね。

もう少しして、痛くなくなってきたらトライしてみます。

 

 

しゃべることが出来るか

しゃべることは普通にできています。

しゃべり過ぎるとやはり舌が痛くなりますので、ある程度黙っている時間を作っています。

 

家族だけでなく、仕事関係の人と話していても、手術前と変わりなく喋れているようです。

しゃべり過ぎると痛くなるので、気にしているのは自分だけみたいです。

 

食べることが出来るか

ご飯も普通に食べることが出来ます。

退院後初のごはんはこちら。

からあげ定食

 

ただ、やっぱり舌や喉がまだ痛いので、手術前の様には食べることが出来ません。

出来るだけ小さくして食べ、右側の手術と関係ないところで飲みこむようにしています。

 

喉のあたりには手術用の糸が見えることが今日分かりました。

たまに喉のあたりにピロピロながれておえーっとなります。

この糸は溶ける糸らしいので、しばらくしたらなくなるはず・・・

しばらく堪えます(汗

 




スポンサーリンク


こちらの記事も読んで頂いています


                          

コメントを残す