【舌癌入院15日目】今日退院です

入院生活も15日目です。

病院で過ごしている日数が15日と言うことになります。

入院初日は手続きだけだったし、手術日はほぼ一日寝ていたので、手術後13日と言う感じです。

 

スポンサーリンク






こちらの記事も読んで頂いています


 

半月もいたら慣れる反面、飽きてきます。

最初に舌癌再発の告知を受けてからもう3か月以上経過しています。

舌癌の初期症状と言える症状を感じたので、病院で検査してもらい、病理検査の結果舌癌があると判明しました。

 

白板症も併発していたので、それぞれまとめて切ってしまうことにした次第です。

白板症は舌癌に発展するとか、しないとか、ネットで調べると色々書いてありますが、私の場合は確実に白板症は舌癌に発展してしまっているようです。

色々な手術方法が新しく出ている中、私は既に2度経験がある外科手術を選びました。

選んだと言うか自然な流れと言うか・・・

 

本当に嫌だったら、セカンドオピニオンを受けるとか、他の病院に治療法を提案してもらうとかも手段としてはあるのでしょうが、2度も経験していると言うのは治療実績的にも自分のデータがあるわけで、ある意味安心です。

治療成績としても他に比べ良い方法です。

外科的に癌の部位を切り取ると言うのは安心できる感じもしますよ。

 

退院日も検査はある

入院生活15日目で、今日退院予定なのですが、午前中に検査はあります。

火曜日は教授回診の日です。

処置室に教授が来られ、見てくれる感じです。

 

「退院の日とか聞いています?」

 

みたいなのんきなことを言っていました。

今日やっちゅーねん(^^

 

周囲の先生が慌てて「今日です」みたいに助言していました。

細かいところまでは情報の共有は出来ていないようです。

病気については情報共有できているみたいですが。

検査するための椅子

 

 

退院日の朝もご飯はある

ご飯は「1食いくら」ではなく、「1日いくら」みたいなんです。

本当は朝ごはんだけではなく、昼ごはん、夕ご飯まで食べていっても費用は変わらないはずなのです。

 

ただ、入院している人にとっては1日でも早く退院したい。

早く家に帰りたいと思いますので、1食いくらとか議論する感じじゃありません(汗

 

ちなみに、今日の朝食はこんなです。

15日目朝食

 

ご飯が普通の硬さになりました。

「なった」と言うか、こちらから先生に希望として言って、そのようにしてもらっている感じです。

ほらー、ご飯の粒がちゃんとしてる。

ご飯はこうでないと!

15日目ご飯

 

今日、入院して初めてふりかけが付きました。

img_7627

ふりかけって小皿に乗せるものだったのでしょうか(^^;

それでもないよりは全然ありがたい。

 

ただ、やっぱり病院用みたいで味気ない・・・

そして、量が少ない。

 

自前で準備したふりかけが大活躍です。

ふりかけ

 

退院後の食事

11時過ぎに病院を出ました。

 

嫁が迎えに来てくれたので、そのままランチに出ました。

やっと普通の物が食べられる!

そう思って行ったのが、大戸屋(^^;

 

もっといいお店でもよかったのですが、病院から家への帰り道で、お昼でも混まずに、作り立てのご飯が食べられるお店と言うことでここにしました。

 

ずっと食べたかった「からあげ」を!

からあげ定食

 

もう、器から違います!

ご飯も普通盛で適量。

とろろも付けました(^^

 

から揚げは揚げたて。

やけどしないようにゆっくり食べました。

味噌汁は残念ながら我が家よりも薄味なのか、違和感がありましたが、念願かなって唐揚げを食べることができました。

 

とまとが大きな塊で、食べるときに少し工夫しないといけませんでしたが(まだ手術後そんなに経っていないので口の中が心配)、おいしく食べることができました。

 

 

入院中、一番お腹が減ったときに食べたいものをノートにメモしました。

これから日々、このリストのメニューを食べつくします(^^




スポンサーリンク


こちらの記事も読んで頂いています


                          

コメントを残す