舌癌の初期症状について振り返ってみる(画像付き)

ぜつがんの手術で絶賛入院中です。

舌に固定されていたガーゼが昨日なくなったので、ずいぶん楽になりましたが、やっぱり入院生活。

楽ではありません。

時間はたっぷりあるので、舌癌初期の症状について振り返ってみました。

自分も「舌癌かも!?」と思われる方は参考にされて下さい。

スポンサードリンク








こちらの記事も読んで頂いています。


日々、「処置」と呼ばれる口の中の清掃(消毒)等を受けています。

入院生活って家族にも会えませんし、時間はあるくせに病院から出られないので拘束されています。

ストレスはありますね。

病室の窓

 

舌癌初期の症状

舌癌初期の症状と言えば、実際の症状と、自覚症状があると思います。

それぞれ分けてお知らせしますね、

 

自覚症状

どちらかと言うと、こちらの方が重要なのかもしれませんが、舌癌の自覚症状は初期の場合ほとんどありません。

舌が痛いなどの場合、口内炎などの可能性が高いと思います。

病院で専門医に診てもらったらすぐに解決です。

軟膏をもらうと思いますので、早く「舌癌かも」と言う恐怖から逃れてください。

 

⇒ 口内炎と舌癌のちがいについて

⇒ 舌癌と間違えやすい口内炎とその治し方

 

私の場合は、回転寿司を食べている時に醤油が沁みたと言うのがあります。

舌癌発見のきっかけ

これまた口内炎と間違いそうですが、これが1か月以上続きました。

口内炎の場合、通常2~3週間もすれば治ります。

そんなに長い口内炎ってほとんどないと思います。

口内炎は痛いので長く症状が続くイメージですが、実際は1週間くらいではないでしょうか?

私の経験上ですが・・・

 

それが1か月以上痛い場合、何かおかしいと考えるべきです。

 

舌癌初期の症状

舌癌で違和感を感じる場合は、割と進行している可能性があります。

私の場合、ステージⅠまでしか経験がないので、この時点ではほぼ困ることがありません。

味覚が変わると言うこともないです。

痛いと言うのもなかったです。

 

舌癌は他の癌と違って、幹部が見えます。

見た目は白くなっている白板症だったり、赤くなってただれていたりと言う症状があります。

 

白板症

 

 

普通上皮細胞ってきれいに並んでいるようです。

普通の上皮細胞

癌になると言うことは、その前に上皮細胞がおっきくなったり、ちっちゃくなったり、大きさがバラバラになってきてしまうようです。

そこに傷が入ると、傷口がくっつかないのです。

通常ならば、傷とか怪我とかあっても、傷同士がくっついて治ります。

その細胞がおかしくなっている場合、くっつかないのです。

 

だからいつまでも治らない。

そう理解しています。

 

まとめ

舌癌の初期症状はほとんど感じられない。

痛いとかもほとんどない。

味覚も全然変わらない。

見た目は白くなったり、赤くなたりするので分かることもあります。

 

舌癌初期は舌の表面だけに現れることが多いようです。

 

自分で勝手に判断しないで、病院で診てもらった方が良いと思います。

怖くないですし、高くないです。

スポンサードリンク
                          

コメントを残す