舌癌になってしまったら仕事をどうするか

舌癌になってしまうとこれまでもお知らせしてきたように、入院だけでも約3週間になってしまいます。

手術は1日です。

おそらく10時間くらいかかるでしょう。

問題はここではないのです。

入院です。

スポンサーリンク






約3週間も入院するとなると流石に休むのに気が引けます。

しかも、それで終わりません。退院後は1週間ごとに検査がある上に、約1か月ほとんどご飯を食べずに、しかも動かずに入院生活を過ごすわけです。

歯の跡がくっきり

歯の跡が舌にくっきりついてしまっている現在の状態

 

体力的に落ちているのは間違いないです。

筋肉も衰えているでしょう。

日常生活ならばまあまあ問題ないのでしょうが、仕事でも大丈夫なレベルにしようと思ったら2週間から1か月くらいかかるかもしれません。

手術から考えたら2か月・・・

普通の神経だとなかなか会社に勤め続けると言うのは難しいかもしれません。

2か月間休んで会社に戻るときのことを考えてみてください。

そのプレッシャーと言ったら・・・

 

会社に舌癌のことを話してみました

舌癌のことを話すために会社の社長に会いました。

前回の検査で舌の組織を取り、生検を受けました。

結果、癌があることは確定です。

 

隆起した部分の先端に癌がありました。

切除部位

生検の時に一応この隆起部分は切ったのですが、癌の場合はさらに今回切った時の2倍の広さは切らないといけないのだとか。

 

私の場合は、追加手術をした方が良いと言われたのですが、新しく仕事を始めたと言うこともあり、いよいよの時に考えると言う「先送り」の判断をしました。

そして、今の会社で仕事を始めて約1か月半。

きました。

調子が悪いです。

また醤油などが沁みる状態です。

 

今の会社の社長に会って、舌癌であること、初期状態だとして1か月から2か月くらいは会社を休む必要があることを伝えました。

実は私は「会社を辞めます」と申し出ました。

たった1か月ちょいしかいない社員なのに1か月も2か月も会社を休むのです。

有給休暇はないので、給料を出すと言うことはないのですが、社員と言うのは抱えているだけでコストがかかっています。

しかも、復帰してもどの程度ちゃんと働けるのか未知数です。

 

私が社長だったらクビにするかもしれません。

そのほうが合理的だと思います。

ところが、会社社長が言うことには少し予想と違いました。

 

「1か月でも2か月でも休んでいいから、しっかり身体を治して、そのあと2倍頑張ってもらった方がいい」と言ってくれたのです。

全く予想しない答えでした。

それだけ期待してくれていると言うのは本当にありがたいことです。

 

とりあえず、会社は続投することにして、検査や入院も進めていくことにしました。

ただ、社長は良いと言ってくれましたが、直上の上司が別にいます。

その上司が難色を示すようだったらまた話が変わってくると考えています。

来週の火曜日にその上司にまたこの話をすることになっています。

 

さて、どうなる事か・・・

 

お金の話を考えてみる

お金のことももう少し考えてみると、会社をクビになると厚生年金がなくなります。

サラリーマンだから3割負担で医療が受けられるわけですが、クビになり国民健康保険に未加入の状態だと10割負担です。

手術はざっくり60万円くらいかかります。

これは無職の人にとって結構な負担です。

 

会社員のまま手術を受けるか、国民健康保険に入ってから手術を受けるようにしたら3負担で受けることができますね。

 




スポンサーリンク


こちらの記事も読んで頂いています


                          

コメントを残す