免疫力を上げるためにできること

「免疫力」って聞きますよね。

でも、実際何をしたら上がるのでしょう?

癌との関係はなんでしょうか?

私に取って重要なことなので調べまくりました。

シェアしますね。

スポンサードリンク








こちらの記事も読んで頂いています。


 

免疫力とは

身体を治す力を免疫力と呼んでいますね。

癌が進行している時、例えばステージⅢとかステージⅣとかになると、それをなんでもなかったようになるまでの強い免疫力は中々ありません。

 

癌で手術が必要ならば、ちゃんと手術を受けて、再発を防ぐためなどにこの免疫力が役に立つと考えています。

 

人の身体は健康な人も毎日癌細胞が生まれ続けています。

その数5000個以上だとか。

ただ、健康な人はこの5000個の癌細胞を免疫力がやっつけて0にしているのです。

これが毎日です!

逆に100%であり続けることの方が難しいと言えます。

 

でも、残してしまって、翌日に癌細胞が増えて、増えて増え続けある程度の大きさになったら検査にも引っかかってきます。

 

免疫力を上げるためには

免疫力を上げる方法としては、以下の方法があるようです。

体温をあげる

免疫細胞は白血球内にあります。

つまり血液中にあるということです。

血行が悪いと血液の流れが悪くなります。

血管も固くなります。

 

体温をあげることで血液はめぐりが良くなります。

いくつか体温をあげる方法をお知らせします。

運動をする

 

日常的に運動をする

体温をあげるには、運動する方法があります。

筋肉量を増やすと基礎代謝量も上がり、熱量も上がります。

結果的に体温が上がります。

1日30分程度の運動が必要です。

最低でも20分以上の継続した運動が良いです。

 

身体を暖める食品を食べる

身体を暖める食品を食べるなどの方法がります。

一例として以下のような物があります。

 

 分類  例
野菜類 生姜、唐辛子、ニンニク、ニラ、ダイコン、長ネギ、ゴボウ、タマネギ
肉類 鶏肉、羊肉、鹿肉
果物類 栗、松の実、桃、ざくろ
魚介類 サバ、アジ、イワシ、エビ、カツオ
飲み物類 日本酒、梅酒、紅茶、ココア
その他 玉子、味噌、みりん、ごま油

 

ゆっくり入浴する

熱いお湯に短時間入浴するのではなく、少しぬるめのお湯で10分程度はいるようにしたらいいようです。

温度としては、38度から40度くらいで自分が熱すぎないと思う温度が良いです。

ゆっくり入浴する

 

水素タブレットを飲む

体温が1度下がると免疫力が30%下がると言われています。

基礎体温をあげるには、水素タブレットが良いようです。

実際、私の体温は35度くらいから36.5度に上がっています。

 

⇒ 舌癌に効果あり!?水素が届いたガチレビュー

 

体温が上がると血管も柔らかくなります。

毛細血管まで血が流れやすくなります。

これが一番簡単といえますね。

水素タブレット

 

それぞれ心がけて、体温をあげる様にしたいと思います。

その他の免疫力を上げる方法についても調べてお知らせしますね。

 

 

スポンサードリンク
                          

コメントを残す