入院した時実際いくら必要か保険はいるのか

舌癌になったら多くの場合外科手術です。
口の中を手術するのでしばらくご飯が満足に食べられません。
そういったこともあって必ず入院します。
しかも、3週間とか4週間とか結構長くなります。

 

手術代。入院代。その他雑費
結構かかりそうです。
分からないと不安になります。
私の経験からお知らせしますね。

スポンサードリンク








こちらの記事も読んで頂いています。


実際の入院費

手術代は3割負担でざっくり20万円です。

舌癌で入院

 

あとは差額ベッド代。
6人部屋とか、8人部屋とかの場合は不要ですが、4人部屋とか、2人部屋とか、1人部屋(個室)の時は追加料金が必要です。
差額ベッド代は病院によって全然違います

 

私の知っている病院など100%個室なので1日追加で1万円というところもあります
20日入院したとしたら8万円~20万円くらい追加となると考えたら目安になると思います。

舌癌は医療費がかかる

 

あとは、雑費です。
入院したときのパジャマや洗面器、タオルや歯ブラシなど色々買う必要があります。
これも2~3万円はかかるでしょう。
ざっくり計算してみましょう。

手術代:20万円+差額ベッド代:5~20万円+雑費:2~3万円

合計:27万円~43万円
うーん、割と要りますね。
これが必要な全費用です。
あとは、これを減らす方法がいくつもあります。

紹介しますので安心して下さい。

 

保険に入っている

保険に入ってる人も少なくないのでは?
普段なんとなく引かれている保険もこんな時こそ役に立つものです。

いくらくらいになるのかチェックしてみましょう。

舌がないとしゃべれない

ガン保険

ガン保険、その名の通り癌になったらお金がもらえる保険です。
癌と診断されたら100万円とか、300万円とか色々ありますよね。

 

「アフラック」が有名です。
何でもガン保険だけ通販していいらしいですよ。

 

私の場合、完全に舌癌なので癌保険に入っていたら100万円とか300万円もらえたことでしょう。

・・・そうなんです。
私はガン保険に入っていませんでした・・・

 

ちなみに、癌は癌でも上皮癌は表面の薄皮が癌になっただけなので癌保険のお金が出るタイプにはならないのです。
本格的な癌である必要がるんです。

 

医療保険

ガン保険に入っていなくても保険からお金は出るんです。
それが「医療保険」です。
要するに入院したり、手術したらお金が出る保険です。

 

私の場合、手術したら20万円入院したら1日7,000円出る保険に入っていました。

手術は間違いなく手術だったので、20万円頂きました。
更に、入院は22日間だったと思います。
7,000円×22日で154,000円頂きました。

合計354,000円

 

舌癌での入院

 

プロに自分の保険証券の内容をタダで説明してらもう裏技

保険には入っていても、自分がどんな保険に入っているか忘れるものです。
私は2年ごとに見直ししています

 

ただ、保険って専門用語も多く難しいです。
保険証券を見ても意味が分かりません

 

そこで、プロの保険屋さんに見て説明してもらいましょう
そしたら概ね1時間もあれば内容は分かりやすく説明してもらえます。
ただ、プロの手を煩わせて費用が高いのでは・・・と思うかもしれません。
タダで説明してもらう方法があるんです。

 

しかも、自宅まで来てもらったり、自宅が嫌なら近所のファミレスまでこちらの都合の良い時に来てくれるのです。
そんな都合のいい話が・・・と思うかもしれませんが、あります!
第一生命とか、日本生命とか、特定の保険屋さんではなく、複数の会社の保険を取り扱う保険屋さんがいます。
別名ファイナンシャルプランナー。
情報も多いですし、公平に見て良い商品を知っています。

 

その人達は私たちの保険証券を見て弱いところを補強する商品を提案してくれます。
話を聞いて入りたくなったら足りない分の保険に入ればいいし、嫌だったら話を聞くだけでもいいのです。

 

どちらにしても1円もかかりません
しかも、この制度、保険屋さんも嫌われたら次の話が出来ないので押し売りしたりしないのです。
あくまで「提案」しかしてきません

入るか入らないかはこちらに主導権があります

 

だから、まずは今入っている保険がどんな保険なのか説明してくれます
私は保険のプロではないので、いつも忘れていますが何度も聞いているのでなんとなく覚えました。

こうして自分の保険の内容をプロに分かりやすく説明してもらって、それでいて1円も払わないでいます。
こちらでそう言った保険屋さんを紹介してくれます。

 

見ての通りたくさんあります。買い手市場で我々の方が有利に話を聞けます。

⇒ 保険のマンモス
 保険屋さん(ファイナンシャルプランナー)の顔を見て決められる

⇒ 生命保険の見直し・保険相談なら【保険のティーチャー】
 相談だけでも歓迎の相談所

⇒ 生命保険ドットコム
 保険を節約しましょう、と言う提案をしてくれる

⇒ 保険相談なら「保険ゲート」
 比較的大手でたくさんの保険屋さん(ファイナンシャルプランナー)が登録している

⇒ 【保険ポイント.com】保険ポイントドットコム
 上記でピンとこなかったらここ

 

サラリーマンは補助がある

補助は色々あるんです。
それぞれ分けてお知らせします。

サラリーマンは有利

協会けんぽ

そもそも手術代の20万円ですが、サラリーマンは入っているでしょう、協会けんぽです。
高額医療費の補助制度があります。
ざっくり言うと、一定以上の医療費がかかる時は上限が決まっていて、それ以上お金を払う必要がないという嬉しい制度です。

 

手術は3割負担で20万円くらいと言うことは、総額では70万円くらいでしょう。
これが53万円~79万円の時は、色々難しい計算を経て9万3千円しか払わなくていいのです。

 

当初計算した、手術費20万円が9万3000円となります。

出費は、27万円~43万円だったのが、16万3千円~32万3千円になるのです。

 

有給休暇

サラリーマンは会社を休んでもお金がもらえる休みがありますよね。
残業代は当然ありませんので、基本給くらいですがそれでも20万円~30万円の手取りがあるのでは?

 

まとめ

舌癌の手術代は、手術代やベッド代などなんやかんやで、合計:27万円~43万円必要。

高額医療費の補助制度を使うと、出費は16万3千円~32万3千円に下がる

 

医療保険に入っていたら、手術代20万円、1日1万円で20日入院したとしたら、40万円もらえる

ガン保険に入っていたら、癌と診断されたら100万円もらえる

有給休暇で基本給分くらいもらえる20万円~30万円

 

出費

16万3千円~32万3千円

 

補助など

160万円~170万円

(医療保険40万円+ガン保険100万円+有給20万円~30万円)

 

パッと見儲かってますね。
癌になると儲かる・・・と言う訳ではありませんが、これくらいの保険は入っておきたいものです。

 

個人事業者で保険に入っていない場合は、まるまる27万円~43万円手出しになります。
これは厳しいですね。
癌になって不安な状態で、経済的負担もあると、不安に押しつぶされそうになります。

 

 

スポンサードリンク
                          

コメントを残す