舌癌になりやすい人とは?

「舌癌になりやすい人とはどんな人か」気になりますよね。

ネットで調べてみると以下のようなことを
心配されていたり、気にしている方が多いようです。

 

  • 毎日四六時中ガムを噛むと舌癌になりやすいでしょうか?
  • 喫煙者は舌癌になりやすい?
  • 歯並びが悪いと舌癌になる?
  • 虫歯を放置すると舌癌になりやすい?
  • 小学生、中学生でも舌癌になるのか?

これらについて、私の知る限りの情報で
回答させて頂きます。

スポンサーリンク






毎日四六時中ガムを噛むと舌癌になりやすいでしょうか?

「味」と言うのも刺激のひとつなので、
過剰に多いとよくはないと言えます。

ガムを噛み過ぎたら舌癌になるのか

ただ、ガムの味程度で舌癌になることは考えにくいです。
そもそもガムのパッケージにはたばこのように
危険性を謳ったものはありません。

あるのはキシリトールなどの場合
たくさん噛むとお腹が緩くなることがあります、程度です。

ガムをたくさん噛むと舌癌になる、ということを
説明できるだけのデータはないということです。

ただ、毎日四六時中ガムを噛むのは普通ではないと思います。
何事も過ぎたるはなお及ばざるがごとし。
「ほどほど」を心がけられるといいと思います。

 

喫煙者は舌癌になりやすい?

これは間違いなくよくないと言えます。
たばことアルコールは癌になりやすくします。

喫煙すると舌癌になりやすいのか
ただ、アルコールは適量ならば寿命が延びるという
データもありますし、昔から
「酒は百薬の長」とも言います。
絶対にダメという訳ではないと言えます。

たばこは「百害あって一利なし」だと思います。
止められるものならば止めた方がいいでしょう。
国立研究開発法人 国立がん研究センター
がん予防・検診研究センターの調査では、
タバコを吸う人は吸わない人と比べて
男性で1.6倍、女性で1.5倍、
癌になりやすいと言うデータを公開しています。

舌癌もその中に入っていると言うことです。

歯並びが悪いと舌癌になる?

歯並びが悪いから即、舌癌になるというのは
安直だと言えます。

10回や20回噛んだくらいでは舌癌にはなりません。

ちょっと噛んで腫れたりしたとしても
それは単に噛んで腫れただけで
少しひどくなったとしても菌が入りこみ
炎症を起こす程度です。

ただ、歯が尖っていたりして
日々慢性的に舌を傷つけているなどの場合
何年も放置していたら舌癌になる可能性が
あるかもしれません。
こう言う場合は、歯医者さんに行って
尖った部分を丸めてもらってください。
10分程度で終わりますし、
費用も1000円とか2000円で終わります。

この程度であなたの心配事がなくなるなら
安いものだと思いませんか?

 

虫歯を放置すると舌癌になりやすい?

虫歯を放置していたら虫歯が進行するだけです。
それによって舌癌になることはありません。

虫歯を放置したら舌癌になるのか

ただし、虫歯によって歯の一部が鋭くなり
舌を慢性的に傷つけるとしたら
早めに歯医者に行きましょう。
上記でお知らせしたように慢性的に
舌を傷つける場合は舌癌になる可能性が
ない訳ではありません。

 

小学生、中学生でも舌癌になるのか?

これは、若年性の癌があるか、ということだと思います。
若年性の癌はいくつより若いと「若年性か」と言う
ところからになると思います。

成人年齢の20歳か、ネットなどで調べてなんとなく
出てくる35歳かわかりませんが、
「若年性」が行くつまでかを指す正式な年齢はありません。

次に若年性の癌が存在するかですが、
これは存在します。
ただ、比較的ケースは少ないです。

癌に限らず、成人病でも、肺炎でも
若い人は絶対にならないという病気はありません。

若年性の癌の割合は、10万人に1人程度と言われています。
また、舌癌になる人は癌になった人の5%程度なので
若年性の舌癌になる方は極めてまれなケースと言えます。

若年性の舌癌が存在しない訳ではありませんが、
交通事故よりも確率は格段に低いです。

「交通事故を心配して外に出られない」となると
少々過剰すぎるのと同様に
あまり心配する必要のある数字とは言えないと思います。

 

 

最後に

あなたのお悩みはこの中にあったでしょうか?

もし少しでも解決できたら幸いです。
どうしても心配な場合は、
お近くの歯医者さんか口腔外科で診てもらいましょう。

歯医者さんと口腔外科は別の科ですが、
歯医者さんで口腔外科も兼ねているところが
比較的多いです。
下の記事も多く読まれています。
よろしかったらご覧ください。




スポンサーリンク


こちらの記事も読んで頂いています


                          

コメントを残す