舌癌と闘わないことにしました

「舌癌と闘わない」とはどういうことだと思いますか?

 

先日の検査で私は舌に3つの不具合があったようです。

諦めてしまったのでしょうか?

 

詳しくお知らせして行きます。

スポンサーリンク






こちらの記事も読んで頂いています


 

家族がいるので諦める訳には行きません。

私は倒れる訳にも、死ぬわけにもいかないのです。

 

先日の検査で私の舌が抱える問題について先にお知らせしますね。

 

私の舌が抱える3つの問題

1つ目:ガタガタの舌

手術で植皮(皮膚移植)をしました。

お腹の皮を舌に移植したのです。

その「つなぎ目」がどうしてもガタガタになってしまいます。

 

手術から約1年半経過した今でもガタガタです。

色々説明するより画像を見てもらうのがいいかと思います。

舌癌の手術跡の画像

 

ご覧のようにガタガタです。

 

ちなみに、ガタガタ部分の手前の白い部分は、お腹の皮です。

植皮するとこんな色になります。

 

2つ目:突起物ができてきた

手術直後はなかったのですが、舌の側面に突起物が出来てきました。

 

イラストにするとこんな感じです。

舌癌手術後にできた隆起物

現物はこんな感じ。

舌癌手術後の突起物

画像よりもイラストの方が時として分かりやすいようです・・・

 

 

この突起物は何でしょう?

医者に聞くと、舌癌手術後は縫ったところが弱くなっている。

歯の隙間の部分に膨らんでいる、という説と、

舌の中の糸、手術の時に使ったものです。

通常は溶ける糸を使うのですが、それが溶けないことがあるそうです。

その糸が時間経過と共に出てきていて、その周囲に肉がついている説があるということ。

 

もちろん、舌癌の再発の可能性もあります。

しかし、これは色から見てそんなに悪いものには見えないとのこと。

ここは医者の経験と勘を信じます。

 

そうなると、歯と歯の隙間を狙って、膨らんでいる可能性と、糸がある可能性があります。

 

糸の場合、舌から出てしまいます。

それを待つことにしたのです。

 

「舌癌と闘う」と言うと、外科手術をしたり、することと思いがちです。

現状そんなに悪い物である可能性が低いのであれば、

自然治癒の力を信じてみようと思います。

 

もちろん、舌癌の再発だと分かったら手術も受けます。

だから、定期的な検査はしっかり受けることにします。

写真を撮ると言われたら記録を残しておきますし、

エコー検査が必要だと言われたら受けます。

 

それでも「絶対」はないのが病気だと思います。

過信することなく、諦めることなく、癌と付き合っていくことが大切なのではないでしょうか。

 

3つ目:白板症

先ほど○を付けたさらに奥、そこに白いエリアがあるのです。

白板症です。

このブログを見て頂いている方はご存知かもしれません。

 

舌に白い部分ができる病気です。

これ自体は問題はありませんが、癌化する可能性がある病気です。

これも定期的に見てもらって、白い範囲が広がっていないか、チェックして行く必要があります。

 

やっぱり検査ですね。

闘わない訳ではないのでしょうが、積極的に闘うばかりが癌との付き合い方ではありません。

 

あなたはどう考えますか?

 

 




スポンサーリンク


こちらの記事も読んで頂いています


                          

コメントを残す