舌癌初期でも舌を切除するのか

今回は「舌癌初期でも舌を切除するのか」についてお知らせしたいと思います。

まず私の場合の結論をお知らせすると、舌は切除します。

・・・と言っても、舌をごっそり・・・と言う訳ではありません。

 

詳細をお知らせして行きます。

スポンサードリンク








こちらの記事も読んで頂いています。


私の舌癌が最初に見つかったのは2010年です。

かなり初期での発見でした。ラッキーと言えます。

 

 

よく癌の進行具合を示す言葉で「ステージ」と言う物がありますが、ステージで言えば「ステージ0」です。

念のため、各ステージの状態を以下にお知らせします。

 

ステージ 状態
ステージⅠ 癌の大きさは2cm以下。リンパ節への転移はない。
ステージⅡ 癌の大きさは2cm~4cm。リンパ節への転移はない。
ステージⅢ 癌の大きさが4cm以上。もしくは、首やあごなどのリンパ節に3cm以下の転移がある。
ステージⅣ 癌が口の周囲の筋肉や皮膚、上顎にまで広がっている。
または、リンパ節へ3~6cmの転移がある(IVa期)癌の腫瘍が口腔内を越えて、頭やのど、頸動脈まで広がっている。
またはリンパ節へ6cmを超える転移がある(IVb期)癌が口腔から遠く離れた臓器へ遠隔転移している(IVc期)

 

ステージⅠよりも、条件が良い状態のうちに舌癌が発見されました。

 

それでも、痛い時は痛かったし、見た目にもこんな感じでした。

患部の写真

赤以外にも、オレンジや白っぽいところがあり、まだらな感じです。

素人目に見ても良い状態とは思えませんよね。

 

さて、ステージ0でかなり良い状態で見つかった舌癌ですが、それでも舌の切除は必要か、と言うお話しに戻ります。

 

 

医者から言われたこと

まず、医者から言われたこととして、「外科的に切除する必要がある」と言う言われ方でした。

 

要するに、メスで切って悪いところを切り取るという話です。

私の場合、上の写真で見てもらったらわかると思いますが、比較的範囲が広いのですが、奥行きはほとんどありませんでした。

ステージ0ですし。

そのため、広く浅く切る感じです。

 

分かりやすいくいうと、舌の表面の皮膚を切り取る感じです。

切除範囲

 

 

私の感じたこと、行ったこと

もちろん、驚きましたし、嫌でした。

 

「何とか切る以外の方法はないのか・・・」

 

と、まずは、ネットで調べました。

かなり進行した舌癌の写真が出てきて、自分もこうなってしまうのかと震え上がりました。

 

進行してしまうと、舌の内部にも癌が進みます。

そうなると、舌を半分切り取る・・・なんてこともあるようです。

その時は、腕のひじのあたりを少し切り取って、舌に移植するのだそうです。

 

実際私も手術前に「何かあったら腕から(移植用の皮膚を)切るので点滴は利き腕に」と言われていました。

利き腕は出来るだけ切り取らないように、という配慮の様です(汗

 

 

冷凍療法・・・なども調べました。

当時のウィキペディアには、「今後に期待」と書いてあったのですが、現在には載っていなかったと思います。

また、私は既に手術が決まっていたので「今後」ではなく、「今」決断する必要がありました。

 

薬で何とかなる訳ではありません。

「抗癌剤」なんて物もありますが、あれはどちらかと言うと外科手術の後に、リンパ節まで癌が転移している人が、リンパ節の癌を殺す目的で受ける治療です。

 

基本的に抗癌剤は毒なので、健康な細胞も攻撃します。

受けなくていいならば受けないほうがいい治療法かもしれません。

 

福岡で、舌癌で有名な病院など聞いたことがありません。

逆に、福岡で「歯科大」と言えば当然歯の専門家、口の中の専門家です。

 

私にとって、歯科大以外の選択肢はありませんでしたし、歯科大の先生がこれだという「外科的手術」以外の選択肢はありませんでした。

 

 

このように、舌癌となってしまったら、初期でも切除することになると思います。

癌ではなく、舌が白くなる白板症などの場合は、時間の経過と共に治ることもあるので、「経過観察」の場合もあります。

私の場合は、時間の経過と共に悪くなると判断されましたので、手術を決断しました。

 

 

スポンサードリンク
                          

コメントを残す